モンパルナス

フランスのお医者様

f0035251_3563327.jpg


先日モノプリでレジに向かうと、こんな物をボランティアの人から渡されたのです。

バーコードが付いていて、レジに通すとすぐに寄付が出来るというもの。
寄付に同意したらすぐに出来る身軽さ、なんかとても良いシステムだなと思いました。
ちなみにこれ1枚で3ユーロの寄付となります。


私はどんな物に対しても寄付をするわけではありません。
この寄付金は、パリの大きな小児病院(ネッカー)で使われるもの、子供達に必要なものを買うためだと説明されたからでした。

実はパリに来てから病院にはたくさんお世話になってます。
今でも毎週のように通ってるところがあって・・・

まぁ、詳しく説明すると長くなるので、今回はそういうのを省いて書きますね。
友達に言うと、毎回ビックリされる話があって、笑い話と思って読んでみてください。





f0035251_404848.jpg


お世話になってるお医者様がいるのです。

彼の専門は(多分)精神科。
すっごく頼りになって、私たち家族が信頼してる人。
しかも若い
しかもカッコいい
彼の写真をここにアップ出来ないのが残念なくらい。

しかし、時に過激なのです。


ある日、私だけが彼と話してた時のこと。
何について話してたかは忘れてしまったけど、多分、女友達に話すのと同じような感覚で愚痴ってたのだと思います。

そしたら彼は私の目を見つめて・・・

「あなたは今でも旦那様のことを愛してるのですか?」
Vous etes toujours amoureuse de votre mari?



このストレートな質問に目が点になりました。


そして別の日。
またまた同じような感覚で話してると・・・


「あなたは旦那様を殺す意図はありますか?」


質問の内容に絶句してると、私がフランス語の意味が分からないと思われたのか・・・


「あなたは旦那様を殺したいと思ったことがありますか?」


簡単な質問に変えられました(笑)。


この先生、ふざけてるわけじゃなく、本気なのです。
私もその時はビックリしたけど、なんか後から考えると、可笑しくて可笑しくて・・・

こういう質問って、フランスだからですか?

ちなみに彼が精神科医だからといって、私はカウンセリングを受けてるわけではありません。もちろんフランスではカウンセリングを受けるのは、そんなに珍しいことではないと聞くので、私も機会があればこの先生との1対1のカウンセリング、大いに興味ありですが・・・。


f0035251_405636.jpg

by Qtaro-mama | 2017-10-17 04:13 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/28224686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chov at 2017-10-17 09:50 x
過激〜!そんなイケメン先生に言われたら、心拍数上がっちゃいそうです(笑)
ママさんもまっすぐ目を見て答えるのですか?

ショック療法を狙っているわけでもなく、単に回答を知りたい質問なのでしょうか。
確かに日本ではなさそうですね!
Commented by ブリュッセル。 at 2017-10-17 17:46 x
さすが、バカロレアの哲学のテストが超難しい(いつもニュースで話題になりますよね)フランスの精神科医の質問、という感じですね。こういう質問に高校生は2時間位かけて答えを導いていくんでしょうねえ・・・。「夫を殺したくなるか」という質問はそういう瞬間を経験したことがあるか、という感じかもしれないですね。
Commented by Qtaro-mama at 2017-10-18 05:53
>chovさん
いやぁ、写真と一緒だと心拍数もっと上がります。こっそりお見せしたいくらい。

ちなみに私は目を背けて、答えを濁してしまいました(笑)。

Commented by Qtaro-mama at 2017-10-18 05:56
>ブリュッセル。さん
これがフランスの精神科医らしい質問かどうかは分かりませんが、日本ではここまでは聞かないんじゃないかなぁと思っちゃいました。しかも、殺したいとか思ったことはなく・・・フランス人って相手を殺したいと思ったりする人が結構いるのかなと想像しちゃいましたよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。