モンパルナス

ロバン・カンピヨ 「120 Battements Par Minute」

f0035251_21445445.jpg

120 Battements Par Minute
監督:ロバン・カンピヨ

今年のカンヌ映画祭のグランプリ作品。審査委員長のペドロ・アルモドバルとしては、この作品にパルムドールをあげたかったのは間違いないと思います。

90年代のパリ、エイズの治療、理解を求めて戦う人、グループ。

前半の勢いある部分も好きだけど、丁寧に作られたラストのシーンも美しい。そしてこれ、時間が経つにつれ、じわじわとやって来る。

俳優陣はみなさん良かったけど、1人圧倒的な存在感を放つ女優さんがいた。彼女の名前はアデル・ヘネル。既に有名な女優さんらしいけど、私はあまり知らなかった。今後、断然注目だな。。

Q太郎と一緒に見てもいいかなとも思ったけど、息子と見るとかなり気まずいシーンが結構あります。気をつけてください。
by Qtaro-mama | 2017-08-23 03:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/28089245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。