モンパルナス

あんまんとココナッツクッキー

f0035251_5221820.jpg

今週のパリは、思わず「あんまん」を作りたくなる寒さ。

f0035251_522075.jpg

昨日はココナッツクッキー。


昨日見た映画について一言。

たしかに肥田先生の活動、広島、福島についての概要がうまくまとめられてて、映画自体はとても良かったのです。でもね、あの作品だけを見た人にとっては、福島って今、とんでもない所だと映るでしょうね(東京も然り、住めるところではない・・・みたいな)。

監督も言ってたけど、東北産の食べ物も気にする人はいるし、気にしない人もいるし・・・

他の土地へ移住した家族についても描かれてたけど・・・私が監督に言いたかったのは、原発事故が起こった時はパリにいたけど、その3ヶ月後に東京に引っ越しし、その後も東北の家族の元を定期的に訪れてる私たちみたいな家族もいるという事。それで今、縁があってまたパリに戻ってきて、この映画を見てる。それがとても不思議に感じた。

この作品の演出上、確かに必要ないと思うけど、監督自身は福島を訪れたことがないそうです。
by Qtaro-mama | 2017-04-27 05:59 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/27759927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はるみ at 2017-04-27 12:57 x
長年楽しく拝読していますが、初めてコメントします。
東北と関東の農産物、太平洋側の海産物は、気にするとかしないの問題ではなく、現実として6年前の原発事故で高度に放射能汚染され、今も続いています。「べくれでねが」を検索してください、秋田のある家族がいろいろな野菜、魚、食品の放射能測定をして公表していますし、他にも市や民間の施設がボランティアで放射能測定をして結果を公表しています。東北一帯はもちろん、茨城、栃木、群馬、千葉は福島よりもセシウム汚染がひどい地域があります。東京や横浜もピンポイントでセシウム汚染がひどい地域がありますが、政府はマスコミに圧力をかけて真実を隠蔽しいています。
私は神奈川県在住ですが事故後、すぐガイガーカウンターを買って測定し、危険だと思い福岡に避難しました。ママさん一家も東京に住んでいらしたときに、「原因不明で体調が悪い」と書かれていたので心配していました。産地を選ばないで魚や野菜を食べていらしたようなので。私は3年後自宅に戻り、九州から米、野菜、卵を取り寄せ、肉や魚は海外産のみ買っています。
チェルノブイリから31年も経った今でも、日本に輸入されている有名フランスメーカーのブルーベリージャムから高度セシウムが検出されています。使用されているポーランド産ブルーベリーがひどく放射汚染されたからで、100年経っても汚染は消えないそうです。ヨーロッパの汚染は今も続いていますし、日本の将来も同じなのです。
Commented by Qtaro-mama at 2017-04-27 15:53
>はるみさん
コメントありがとうございます。
ご心配おかけしました。
Commented at 2017-04-27 18:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Qtaro-mama at 2017-04-28 05:35
>鍵コメさん
コメントありがとうございます。書かれてらっしゃること、同感です。

福島に来たことないのは、先生ではなく監督ですね。映画の最後の方に肥田先生が講演会をされてたのが、確かいわき市でした。という事は、監督さんも福島に行かれてるのでは?と後になって思いましたが、もしかしたら撮影は別の人だったのかも。初めから福島に焦点をあてた作品だったわけではなく、肥田先生についてのドキュメンタリーという意味合いなので、監督さんが福島に行ったことがないという点については、私は何も思いませんでしたよ。

Commented by Satomi at 2017-05-01 10:21 x
捉え方は人それぞれだよね。事実は事実としてあるのだろうし、知っておくのが良いけれど、対応は人それぞれだし、それで当然だと思う。象徴的な出来事があるとどうしても、良いか悪いか、正しいか間違っているかという視点になりがちだけど。それはあくまで、その人にとってのジャッジであって。人それぞれに事情もあり、背景もある。
(ただ、国というのはどこも、国民を守ってくれるものではないんだなあとはつくづく思うよねぇ・・)

九州から関東に移る時には「何故わざわざ?」とちょっと批判的に聞かれたこともあったけど「そういう流れで人生が動いたので」と答えたよ。相手には伝わらなかったと思うけど。

どこにいたって元氣に暮らす人は元氣だし、悩みや不安満載の人はたとえ楽園にいたって病氣になるんじゃないかと思うのよね。
数年悩んだわたしの結論。ってことで、我が家も元氣です。
Commented at 2017-05-01 10:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Qtaro-mama at 2017-05-01 18:07
>Satomiさん
コメントありがとうね。
一つ言えるのは、私がここで書いてるのは、自分の生活の30%くらいのことかもしれなくて、多分この震災に関しては、自分の意見もほとんど書いたことがないと思ってるので、なんというかそれについて書かれてると答えにくいというわけです。
こちらの考えを言う前に言われると、こちらとしてはただ聞くことしか出来ず・・・もちろん聞く姿勢はあるのですが・・・。
今現在、他のことでいっぱいいっぱいで・・・書いてくれたとおり、どこにいたって悩みがある人はあるね。そして私はいまだに鎌倉に住みたいと思ってます。
Commented by Satomi at 2017-05-02 10:52 x
うん。
いつかまた鎌倉で、茶飲み友達になれたらいいな♪
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。