モンパルナス

アイアン・ジャイアント

f0035251_6231815.jpg

今日はO次郎と、映画「アイアン・ジャイアント」を見てきました。

O次郎は初めてだったけど、私は3回目くらいかな。つくづく良い作品だと思うけど、今日気付いたのは、前半意外と子供達には怖いかも・・・・と。O次郎はかなり怖いのでも大丈夫ですが、O次郎の友達でダメな子が2、3人いるのです。あの子たちは絶対見れないなぁ・・・と思いながら鑑賞してました。

f0035251_6235799.jpg

今日見たのはここ、「Le Brady」という映画館。

旧作ばかり上映してる映画館ですが、ここに行く時って毎回緊張します。なぜならここは、「Chateau d'eau」という駅の隣にあるから。

f0035251_6294294.jpg


今日はバスで行ったのです。それで「Chateau d'eau」で降りた瞬間、今日はこの辺で何かイベントがあるのかと思っちゃいました。それほど道に人が溢れてたのです。しかも、100%黒人。

結局、イベントとかではなく、ただ皆さん道に立ってるだけだという事が判明。そこをO次郎の手を引いて急いで通り過ぎるのでいっぱい。iPhone出して写真撮るのなんて怖くて出来ないよー。

f0035251_6345212.jpg

映画の前にちょっとだけ時間があったので、パッサージュ・ブラディに行きました。ここはインド街みたいな感じで、インド系(パキスタン系?)のレストランが並んでます。でも私は胃腸が弱いので、いまだここのレストランは試したことありません。絶対調子のいい時じゃないとお腹壊しそうで・・・。

界隈には、黒人系の美容室がハンパじゃないほどあるのです。パリ中、いやフランス中の黒人たちがここに来てパーマをするんじゃないかと思うほどの数。

でもこのパッサージュ・ブラディの中の美容室だけはインド系で、しかも何となくほのぼのしてて笑っちゃいました。

f0035251_6405786.jpg

ここは区役所。旧正月の垂れ幕がかかってました。

映画のことだけを書きたかったけど、映画館があった界隈があまりにも強烈で、思わず書いてしまいました。
by Qtaro-mama | 2017-02-07 06:48 | 映画 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/27516534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dandanjunjun at 2017-02-07 10:00
緊張しながらも行ってみたいです!笑。
多分早足になって良く見られないかもしれないけど。
Commented by ブリュッセル。 at 2017-02-07 17:11 x
ウチもこのアイアン・ジャイアント大好きです!DVDで観るのですが毎回最後の「なりたい自分になれ」っていうところでじわっと来ますね〜。
しかし、Chateau d'eau、お子さん連れで良く行きましたね〜(笑)私はParisに住んでる間にここに足を踏み入れたことは一度もありませんでした。だってあまりのカオスで・・・(バスから見える)。
Commented by Qtaro-mama at 2017-02-08 05:24
> dandanjunjunさん
黒人のお客さんが美容室に長居してるような映画見たことありませんか?まさにあのままなのです。そういったお店が何十軒とある感じ。
多分、いままで見たことない雰囲気にびっくりするかもしれませんが、やはり行って欲しい気はします。
Commented by Qtaro-mama at 2017-02-08 05:27
>ブリュッセル。さん
アイアンジャイアント好きな方見つけられて嬉しいです!

Chateau d'eau、バスはもしかして北駅を利用するためでしょうか?そういえば、初めて行った時はメトロ利用だったのです。たしかメトロの方が凄かった記憶がありますよ。引き返したくても引き返せない・・・みたいな場所だったような。

Commented by ラパン at 2017-02-08 07:11 x
映画館ブラディ!懐かしいーーーです!
私、パリでの最初は10区の北駅や東駅界隈に住んでいたので、ブラディに映画を観に来たり、パッサージュブラディの近くまで買い出しに来たり、、、結構歩き回りました。
でも左岸を歩くよりやっぱり気が張って居ましたね、、、。
ブラディの界隈は、あの黒人の人達特有のチリチリのヘアのカットされたのが美容院のまわりに落ちて居たり、笑、、、黒人コミュニティの界隈ですよねえ。パリに居ながら私もいつも、南米ダラスを歩いて居た時を思い出して居ました。でも、あの界隈、意外に女優俳優、作家、、、沢山住んで居て、買い出ししている姿を良く見かけたんですよ。インド、パキスタン、黒人、そしてそういうBOBOが入り混じったかなり濃い界隈で熱い地区でしたねえ。
Commented by ブリュッセル。 at 2017-02-08 19:06 x
そうそう、38番かなんかだと思うんですが・・・。それと、以前友人がChateau d'eauのメトロが最寄りの駅の界隈に住んでいて、メトロのホームでひったくりのスゴいのを目にして怖くて住めない(涙)と言ってたのを聞いてからますますダメになりましたね〜。それと、怖いメトロの駅はBelleville。大昔エスカレーター(だったか)でず〜っと地上に登ってくると入り口のフェンスに物欲しそうなアラブの兄ちゃんおっちゃん達が鈴なりになってガン見してくるのがすごく怖くてそれから一度もBellevilleのメトロでは降りてません(笑)。
Commented by Qtaro-mama at 2017-02-09 05:55
>ラパンさん
ラパンさんは初めからこっちの人かと思ってましたが、そちらにも住まわれてたとは!やっぱりメトロに乗ってても、上の方に行くとある辺りからガラッと客層が変わったりしますよね。でもパリはこのミックス感が魅力でもあると思います。
あの辺りは物件も素敵なのがたくさんありそうですね。チリチリのヘア、今度探してみますね(笑)。
Commented by Qtaro-mama at 2017-02-09 06:04
>ブリュッセル。さん
まさしく私たちが乗って行ったのも38番、初めて乗りました。行きはChateau d'eauのメトロ脇で降りましたが、帰りが1ブロック隣の停留所で、そこに行くまでの道がまたまた凄くて・・・。
ベルヴィル、行ったことはあるけどメトロは利用してないかも。ガン見のお兄ちゃん見たさに行ってしまいそうです。
Commented by Yozakura at 2017-02-14 23:34 x
Qtaro-mamaさま:初めまして

 時々黙読している者です。本日付け日記の末尾に掲載されました写真に興味を惹かれ、投稿します。
 この「区役所の正面玄関の上部に展示されて居ます横断幕」の表記文字、よくよく見ると右端は中国語ですね。左側と真ん中は仏語で「素晴らしい一年に素晴らしい健康を"Bonne Annee, Bonne Sante"」と書かれ、その右には中国共産党が制定した簡体字(simplified Chinese characters)で「新年快楽」。
 そもそも、この横断幕も真っ赤な緋色で、そこから吊り下げられた提灯も、腰がプックリと膨らんだ中国風の提灯と云った按配で、万事中国式の装飾品。
 現代のパリでは、こうした祝祭日の公的な表示にも、斯くも中国の影響力が横溢している御時世なんですね。地元の雰囲気を伝えるビビッドな写真、有難う御座いました。
 お元気で。 
 
 
 
Commented by Qtaro-mama at 2017-02-15 01:17
>Yozakuraさん
はじめまして。

この写真、区役所に掲げられてるのが珍しいなぁと自分でも感じ撮ってみました。
韓国に住んでたからこそ、旧正月が身近に感じられますが、多分普通に住んでる分には良く分かりませんよね。しかしこの区役所がある地域には、パリの2大中華街の一つがあります。それ故の横断幕かもしれませんね。もう一つの中華街では、(もしかしたらパリ市主催の)大きなパレードなどもあったようです。中国の影響力というより、昔から中華街はパリにはなくてはならない存在という感じでしょうか。
Commented by Yozakura at 2017-02-15 01:52 x
Qtaro-mama様

 お手紙2通を拝見しました。早々の返信、有難うございます。
「パリ市内に在る二大中華街の一つが、この区役所の近辺に在る」との由、御教示有難うございます。そうした事情を踏まえれば、「横浜市内の元町に続く繁華な中華街」の様な感じでしょうか?其処に在るのが当たり前----と云った気配あり。
 横浜市内には昔から中華街が有り、もう地元の一部になっているみたい----そんな雰囲気ですか、その区役所傍の中華街も?
 お元気で。
Commented by Qtaro-mama at 2017-02-15 20:44
>Yozakuraさん
その通りです。横浜の昔からある中華街、中国人とイメージしてもらえればOKです。

私のお気に入りは、もう一つの方の中華街で、上の区役所がある中華街はしばらく行ってないので忘れてしまいましたが、この狭いパリの中に中華街が二つもあるのですから、だいぶ大きな存在には間違いありませんね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。