モンパルナス

黒澤明 「一番美しく」

f0035251_1263524.jpg

一番美しく
監督:黒澤明

戦争中に作られ、プロパガンダ的な意味を持った作品だそうです。

女性がただ「頑張りましょう」を連呼してるだけに聞こえて、作品としては特に面白みを感じられなかったけど、黒澤ファンだったら一見の価値があると思います。
by Qtaro-mama | 2017-01-28 17:37 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/27485086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yozakura at 2017-02-14 23:45 x
Qtaro-mama様

 別段、映画に詳しい者ではありませんが、この黒沢作品は初めて知りました。掲載されていますパンフレットからの引用と思しき写真は、登場人物の緊迫した表情と云い、画面全体の構成と云い、まるで中国の文化大革命時代を想起させるような、切羽詰まった政治的な緊張感を漂わせるものです。
 まあ臨戦態勢であったのは、当時の日本でも、文革時代の中国でも同じことだたのでしょう。
 珍しい資料・史料の紹介、有難う御座いました。お元気で。
Commented by Qtaro-mama at 2017-02-15 01:20
>Yozakuraさん
コメントありがとうございます。
私もこちらの作品は未見だった為、出かけていきました。
文革時代の想起させる写真ですか(笑)。分かるような気がします。
そういった意味からも、私にとってもあまり面白くない作品でした。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。