モンパルナス

Paris Je t'aime

f0035251_242593.jpg
「Paris Je t'aime」を見てきました。パリには20の区がありますが、18人の監督がそれぞれの地区を舞台に、2日間の撮影で、5分間という長さで物語を仕上げたオムニバス映画です。



Montmartre 監督Bruno Podalydès
Quais de Seine 監督Gurinder Chadha
Le Marais 監督Gus Van Sant
Tuileries 監督Joel et Ethan Coen
Loin du 16e 監督Walter Salles et Daniela Thomas
Porte de Choisy 監督Christopher Doyle
Bastille 監督 Isabel Coixet
Place des Victoires 監督Nobuhiro Suwa
Tour Eiffel  監督Sylvain Chomet
Parc Monceau 監督Alfonso Cuaron
Quartier des Enfants Rouges 監督Olivier Assayas
Place des fêtes 監督Oliver Schmitz
Pigalle 監督 Richard LaGravenese
Quartier de la Madeleine 監督Vincenzo Natali
Père-Lachaise 監督Wes Craven
Faubourg Saint-Denis  監督Tom Tykwer
Quartier Latin 監督Gérard Depardieu et Frédéric Auburtin
14e arrondissement  監督Alexander Payne

ただの観光映画になってない所が良い。パリが好きな人はもちろんの事、現在、パリに住んでる人にこそ見て欲しいな。私が一番好きだったエピソードは、やはり自分が住んでる14区を描いたアレクサンダー・ペインの作品。これだけ他の作品と違い、区内の名所がいろいろ紹介されいて、いろいろな思いが過りました。

ところで、この映画には諏訪敦彦監督も参加しています。作品として私は大好きでした(18本の中でも上位に入ります)。気になったのですが、ずっとお名前を「のぶひろ」さんだと思ってたのですが、漢字で書くと敦彦ですよね。敦彦と書いて「のぶひろ」と読む?それとも「のぶひろ」は芸名?気になり出したら止まらなくなりました。

先日、「下妻物語」も映画館で見ました。ハチャメチャなの嫌いじゃないけど、好きなタイプの作品じゃなかった。テレビで良かったかなぁというのが本音。こういう作品は、外国ではどうなんだろう?私が見ていた時は、1人の観客が2、3回笑ってるのを聞いただけで、後は静かなものでした。こういった笑いは、日本人以外の人には分かりにくいかなぁとは思います。

フランスでは「kamikaze girls」というタイトルで公開されてますよ。
by Qtaro-mama | 2006-06-23 02:44 | 映画 | Trackback(1) | Comments(14)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/2594602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from mistymont at 2007-05-29 12:45
タイトル : Paris, je t'aime
『アメリ』のプロデューサー、クローディー・オサールの呼びかけで実現した、18人の監督が5分ずつパリを舞台に「愛」を描いたオムニバス。監督陣(コーエン兄弟、ガス・ヴァン・サント、オリヴィエ・アサヤス、クリストファー・ドイル)や俳優陣(スティーヴ・ブシェミ、ウィレム・デフォー、ボブ・ホスキンス、ジュリエット・ビノシュ、ファニー・アルダン)は有名どころが勢揃い。 というのが一般的な紹介文になるでしょう。どのエピソードにもパリの美しい街角が収められていて、画像的にはパリの観光案内みたいで大満足。一番気に...... more
Commented by ヤヨイ at 2006-06-23 07:31 x
コーエン兄弟も撮ってるんですね~。日本では観られないのかなぁ?!
「kamikaze Girls」ってすごいタイトルね~(笑)
Commented by Qtaro-mama at 2006-06-23 21:58
>ヤヨイさん
コーエン兄妹が撮ったのは、主役がスティーブ・ブシェミなのよ。パリに来て、ヒドい目に合う観光客役を面白く演じてます。
「kamikaze Girls」、客観的に考えると、凄いタイトルだね。
Commented by francophilie at 2006-06-24 00:35
えーーー!コーエン兄弟と聞いてとっとも観てみたいと思ったのですが、ブシェミが主演と聞いてさらに観てみたいです!ブシェミ大好きなんです(マニアですか?)
今すぐパリに飛んでいきたい!
本当に日本でやらやいのかな~…、絶対観に行くのですけどね…。
Commented by Qtaro-mama at 2006-06-24 23:43
> francophilieさん
ブシェミファンなのですね。コーエン兄弟のはブシェミらしさが出てた作品に仕上がってたと思います。14区を描いたアレクサンダー・ペインの作品には、 francophilieさんがステイしてたであろう建物もちょっとだけ写ってましたよ。自分が知ってる所を映画の中で見るのも良いですよね。日本でも公開されれば良いですね。
Commented by tahtijapan at 2006-06-25 12:00
これ、面白そうですね!!
特に、コーエン兄弟のが見たいです。私もブシェミ好きなので。
パリは20区もあるから一区につき、5分くらいの長さだけど
仙台だったら5区しかないから、一区につき25分くらいかな、とか
どうでもいいことをちょっと考えてしまいました。
それにしても、諏訪監督は「のぶひろ」とは読まないですよね~?
読ませる、としても、なんだかすっきりしないのは私だけ?
Commented by Qtaro-mama at 2006-06-25 23:24
>tahtijapanさん
私も東京版を作って欲しいなとか思いました。
そういえば仙台って区なんですね。面白いですね。良く考えた事なかったけど、区と町の違いって何でしょうね?
「のぶひろ」さんの事は、私も真相が知りたくてたまりません。
Commented by hare at 2006-06-27 01:41 x
私も観ました!
「14e arrondissement」と、諏訪監督の「Place des Victoires」、いいですよね。
N.ポートマンが出ているFaubourg Saint-Denisもかわいくてよかった。「Loin du 16e」には、切なさと同時に難しさも感じて。
ほんと、キレイなだけのパリを描いていないのがいいですよね。東京版もおもしろそう!
Commented by Q太郎ママ at 2006-06-27 17:25 x
>hareさん
全て同意見です。N.ポートマンとあの男の子、本当のカップルみたいで、見ていて微笑ましかった。「Loin du 16e」も実際そうだよなぁと、フムフムと思いながら見てました。Père-Lachaiseに出ていたオスカー・ワイルド、14区の監督アレクサンダー・ペインだと気付きました?私は後になって知りました。14区のは私は自分が住んでるからと客観的に見れない部分がありましたが、hareさんも好きだったのですね。あれがラストで、ちょっとじんわり来ましたが、もしかしたらhareさんも14区でしょうか?
Commented by hare at 2006-06-29 01:20 x
私は14区ではありませんが、近くですよ。
あのエピソードでは、パリに来たばかりの自分をすこし思い出して、
しみじみとしてしまったのです(笑)。英語なまりのフランス語も妙に共感できるというか… ラストシーンの公園もすてきでしたね。モンスーリ公園でしょうか?
Commented by Q太郎ママ at 2006-06-29 06:04 x
昨日、郊外に住む友達がこの作品を見たのですが、彼女は14区のと「Loin du 16e」が一番良かったと言ってました。客観的に見ても14区のを気に入る人は多いのかもしれませんね。
ラストはモンスーリですね。ちょっと前に行きましたが、池の周りが工事をしていて、ちょっと残念でした。
Commented by mistymont at 2007-05-29 12:46
はじめまして。以前から時々お邪魔していましたがコメントするのは初めてです。最近この作品を観ましたのでトラックバックさせていただきます。これからもどうぞ宜しく。
Commented by Qtaro-mama at 2007-05-29 18:26
>mistymontさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ちょっとだけブログ見させて頂きましたが、NYに住んでる方なのですね。後程、再度、訪問させて頂きます。
Commented at 2008-02-17 12:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Qtaro-mama at 2008-02-17 21:15
>鍵コメさん
リンクありがとうございます。
そちらにすぐにコメントさせて頂きますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。