モンパルナス

今年初のバーベキュー

我が家の転勤先が2カ所に絞られたと以前記しましたが、依然モヤモヤするので途中経過について書きたいと思います。

フランスかアメリカなのです。

それで私はどちらかというと、アメリカに行きたいという希望を持ってます。なぜなら、まだもうちょっと新しいことにチャレンジしたいという気持ちがあるから。フランス(パリ)はある程度知ってるので、アメリカでの生活も見てみたいなぁ・・・と。

Q太郎パパは初めから「条件次第」と言ってて、どちらかを特に希望ということはないみたい。でもちょっと前からアメリカの話しをする事が多くなったし、先日聞いたら「今のところ、70%の確率でアメリカ」と言ってたので・・・。もう決定かなと、住む予定の場所をちょっとだけ調べてみたのです。

そしたら、なかなか良さそうなところで、テンションがグーッと上がった。今年の夏が楽しみだ〜と1人ニヤニヤしてた矢先・・・

70%というのは70%。100%ではない事を思い知らされる話しが・・・

いわゆる、子供たちが通う予定の学校の学費がかなり高いらしいのです。それで、それを会社が払わない場合はアメリカでは仕事をしないとQ太郎パパは答えたらしく・・・

昨今、会社も不景気で、今度韓国に赴任する人には家賃の高いソウルには家を借りないと決まったみたい。会社のある都市はソウルからはそんなに遠くないかもしれないけど、何もない所。もし赴任で来る外国人にお子さんがいた場合、子供たちの学校は問題だなぁ・・という感じ。

そういう事もあって、私達も全て経費で落ちるとは限らない。しかも、自分たちでその学費を払うとなると、多分3年間払ったら我が家は破産するでしょう・・・というレベルの金額。

まぁ、アメリカがなくなったら自動的にフランスとなるわけで、がっかりするレベルではないと思うのですが、しかし一度テンションが上がってしまった為・・・ちょっと落ち込む週末。


f0035251_2004769.jpg

美味しいもの食べてテンションあげる・・・。

土曜日のランチにラム肉。付け合わせにブルグールとトマト。

f0035251_2061321.jpg

ソウルにもやっと春がやってきた。庭の梅もこの通り・・・

f0035251_202133.jpg

そしてQ太郎パパも初バーベキュー。

f0035251_2014889.jpg

付け合わせにパプリカのサラダ。いつもバーベキューで初めに焼いてから作ってます。
by Qtaro-mama | 2016-03-20 20:09 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/25062755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マカロン at 2016-03-21 01:30 x
アメリカかフランスですか。でも学費がそんなに高いとはびっくりです。韓国よりもかなり高いのですか?
一回盛り上がってしまって、だめとかだめかもしれないとなると、落ち込みますよね。どうかアメリカにいけるようになりますように!

クスミティー、あれから偵察してきたら、エコバッグはデザインが変わってジャンポール=ゴルチエのバラがかかれたものになってました。フランス人には意外と浸透してないってわかります。うちの義家族もたぶん知らないと思いますわ。

今日の夜はパイゴー麺をはじめて作ります。麺はパスタマシンを使わなかったので、ヒーヒー言いながら作りました。スープはおいしそうなので、後は問題は麺ですが。。。
Commented by Kiki at 2016-03-21 13:16 x
うわぁ。アメリカのどこなのかなぁ。とても楽しみです。でも私の住んでいる辺りは学費やお家賃はとても高いです。私の友人のお嬢さんは私立の小学校に行っていますが、年間で日本円にして170万円ですって!日本だと大学の授業料くらいじゃないですか?フランスだと大学も無料なんですよね。ずいぶん違うと思います。でもアメリカになりますよーに。(笑)
Commented by ブリュッセル。 at 2016-03-21 17:44 x
いよいよですね〜。フランスになったらやっぱりまたパリでしょうか?(そしたら再びモンパルナス?)それにしてもアメリカは学費がそんなに高いとは!駐在員さん達は普通の現地校に入れるということはなさそうなので(アメリカではこのご時世、セキュリティを考えると難しいですよね)大変ですよね・・・。ブリュッセルの駐在員のご家庭では普通に現地校に入れる方もそこそこいらっしゃるみたいですが。
Commented by Qtaro-mama at 2016-03-21 18:50
> マカロンさん
希望してる学校の学費が高いという意味です。日本でも韓国でも同じように高かったと思いますが、今までは会社からの支給となってた為、あまり気にしてませんでした。

クスミティーとマリアージュフレール、どちらが浸透してるのでしょうかね。多分マリアージュフレールかな?お茶を飲まない人は興味がないかもしれませんね。

パイゴー麺、ウー・ウェンさんレシピで作ったことありあす。昨日のバーベキューで焼いたスペアリブは結構食べるところがありましたが、たまに食べるところが少ないスペアリブありませんか?以前そういうのでパイゴー麺作ったことがあって、ちょっとガッカリしました。でも麺やスープも美味しいですよね。マシーンを使わない麺作り、確かにヒーヒーとなりますね(笑)。
Commented by Qtaro-mama at 2016-03-21 19:07
>Kikiさん
アメリカって改めて地図を見ると本当に大きいですよね(笑)。もしアメリカになる場合は、Kikiさんがお住まいの方面ではないと思います。
学費は2人で年間3400ドルくらいだったと思います(バス代、給食代別)。これを3年間払うのは我が家にはキツいです。

どちらにしろ、またご報告しますね。
Commented by Qtaro-mama at 2016-03-21 19:22
> ブリュッセル。さん
最近アメリカへ駐在で行った友達フランス人ご家族は2組とも現地校へ入れてます。でもそれは近くに現地校しかないからです。我が家が赴任する所は、たまたまフランス語で教育を受けられるところがあるのでそちらを希望してます。そうなると学費が高いというわけです。普通の公立学校の場合、アメリカは無料だと思いますよ。

ちなみにフランスの場合はパリです!(モンパルナスかどうかは分かりません〜)。
Commented by Qtaro-mama at 2016-03-21 19:36
>kikiさん 訂正です。
学費2人分、34000ドルですね。
ゼロを1つ間違えました〜。
Commented by マカロン at 2016-03-21 21:12 x
希望している学校の学費、ドルを計算したらびっくりしました。会社から支給されないとかなり大きいですね。結果を見守って&祈っております。

パイゴー麺、Q太郎ママさんが何回もつくってたので(しかもささっと短時間で)いつか作りたいなと思ってたんです。かなり塩分控えめでやさしい味でしたー。麺は次回はマシンを使おうと思うほどぶつぶつ切れてしまいました。。。ヒーヒーを経験するとマシンを出してしまう手間はなんともないですよね(めんどくさがり)。
Commented by Qtaro-mama at 2016-03-22 19:21
>マカロンさん
パイゴー麺、上記に書いた理由からそんなに回数は作ってないと思います(笑)。ウー・ウェンさんの麺作り、結局はパスタマシーンを出してしまった方が完全に楽ですよね。
最近は同じ本のメンピェンの美味しさと手軽さを知ってから、普通の麺から遠ざかりました。メンピェン、美味しい醤油で作ると最高ですよ!
Commented by マカロン at 2016-03-23 05:39 x
なんかQ太郎ママさんが2回くらい作っていたので、ブログに載せてなくてもさくさく作っていると思い込んでいた模様です^^;
スペアリブ、肉の国だからかそんなに少ないなーというのは見かけたことがなかったですね。たまたまかな。

メンピェン、そんなに手軽なんですか?あのやり方をみる限り、どうも簡単そうに見えなくて。でも次回試してみます。こちらで手に入るヤマサ醤油しかないのが残念ですけど。パリにいったら少しは美味しい醤油が手に入るのかなぁ。ISSEとかって品揃えよさそうですけど。知ってますか?
Commented by あつあつ at 2016-03-23 07:05 x
う〜ん、フランスとアメリカ。両極端ですが私はアメリカはイヤです。今のアメリカがイヤ、と言った方がいいでしょうか。

今のアメリカ、中流階級がごっそりと抜け落ちて人々が本当に荒れて来た、というか両極端になってきたと思います。生活は便利なんだけど、子供の教育は本当にアメリカでは場所に慎重にならないと難しい。大学教育はアメリカが世界一だけど小中高校はどうだろう、と思います。自由でのびのび、という印象があるのですがすごい競争社会なので私のアメリカ人の親友は13歳になる息子さんが頭は良いのだけど弁論力がないから、と夏休みに一ヶ月のデイベート特訓教室に入れて「これでうちの子もアイビーリーグの学校へ入っても大丈夫」と嬉しそうに話しているのをみると、「アメリカのサクセスストーリーってすごいお金と親の早くからの指導が必要なんだ〜」とひたすら相づちをうっていました。

私はアメリカに住むのはもうこりごりです。(涙)
Commented by Qtaro-mama at 2016-03-23 20:46
>マカロンさん
同じく作るなら、ジャージャー麺の方が好みかも。あの肉味噌レシピも気に入ってます(事前に作り置きが出来るのでお客様にも)。

メンピェン、今日も作ってみました。やっぱり簡単ですよ。生地を作る時はロボか何か使ってますか?私は生地作りにもロボを使ってるので本当に手間がかかりません。
私は美味しい醤油は日本から持ってきてます。1本あると、意外と持ちますよね。
ISSE、名前は聞いたことありますが、行ったことはありません。多分、私達がパリを離れるちょっと前に出来たお店だと思います。
Commented by Qtaro-mama at 2016-03-23 20:59
>あつあつさん
あつあつさんが書いてくれた文章のアメリカの部分をフランスに、そして2、3単語を変えると、そのまま私のフランスに対する考えになりそうな感じです(ニュアンスはちょっと違う所もありますが)。
私の周りにもアメリカのアンチは何人かいますが、私はアメリカ人の礼儀正しさとかフレンドリーな所など見習うべき所はいろいろあると思ってて、そういう所を子供たちに経験させたいとは思ってます。どちらにしろ一生住む話しではなく、あくまで期限あるものなので、私達がもし住んだとしても、あつあつさんのように「もうこりごり」となる前にまた異動となるかもしれませんね。

ちなみに教育では、やはり韓国が色々な意味で大変そうだなぁという印象を持ってます。
Commented by あつあつ at 2016-03-24 22:53 x
うんうん。なるほど。フランスもそういう面、いっぱいありますよね。フランスはものすごいクラス(階層)社会ですし。私の周りにはアンチアメリカという人は一人もいないです。私もアンチ、という事は絶対にないです。

「もうこりごり」といのは「今現在のアメリカ」に対して。アンチという言葉を使うとしたらアンチ・知性というかアンチ理性っていう感じがどこにいてもすごくします。でも期間限定だったらとても良いと思います!アメリカ人はビジネスマンが実は世界一礼儀正しいと思います。一般のアメリカ人はフレンドリーだけど、海外出張で出会うアメリカ人ビジネスマンの礼儀ただしさには見習う所一杯ある様に思います。

私が初めてアメリカに行ったのは私が20代後半でボストンのケンブリッジにある大学にMBAの学位を取る時に会社に休暇願いを出して単身で一人アメリカに行ったのが最初だったのですが(話す英語も散々)、その当時のアメリカはまだ大らかさがあって80年代の良き元気なアメリカの精神もまだ残っていたのですが。相方の家族はみんなアメリカのニューイングランド地方にいるので私達もそのうち、遅かれ早かれボストン(バックベイ)に戻らないといけないことになっています。。(ちょっと涙)In laws are ultimate outlaws という名言がありますが義理の母とは住みたくない。。(かなりの涙)

韓国の教育競争は日本どころではないらしいですね。国が狭いから国外に場を求めないといけないからでしょうか。ちなみに、スウエーデンの地獄の冬(文字通り地獄でした。。)も嘘の様に今では日照時間が猛烈な勢いで伸びて来て、これまたこわいですよ。(笑)
良い転勤の報告になりますように応援しています!

Commented by Qtaro-mama at 2016-03-25 22:03
>あつあつさん
ごめんなさい、私の周りには「アンチ」だと宣言してる人が何人かいるのでその言葉を使ってしまいました。でもアンチだからといって、毛嫌いしてるわけではないようです。

あつあつさんが20代後半でアメリカに行かれた時が何年頃か分かりませんが、私が初めて行ったのは90年のテキサスでした。95年を過ぎた辺りからちょっと変化してきて、ちょっと淋しさを感じたのをいまだに覚えてます。
私が今フランスに戻りたくないと思うのは、あつあつさんがアメリカに住みたくない理由と同じかもしれません。私も義母がかなり苦手です。

韓国は、国が狭いから国外に場を求めるのではなく、国がヒドいからかもしれません。こちらの子供たちはあまりスポーツをやりません。本当に勉強だけです。

スゥエーデンの冬、Q太郎パパから話しだけは聞いてます!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。