モンパルナス

今日のおやつ 「梅ゼリー」

私は近視でコンタクトをつけてるのですが、先日の旅行中、なくしてしまったのです。

6年くらい使ってたもので、最近なんとなく違和感があり、そろそろ変えなければと思ってた矢先でした。それで東京でそのまま眼科に行き、処方箋を貰ってメガネ屋へ。新しいコンタクトを購入して帰ってきたのですが、それがちょっと合わないみたい。以前のより良く見え過ぎてるせいか、なんとなく頭が痛いし、遠くが見える分、手元が見づらい(←年齢のせいもある)。

合わないのをずーっとしてるわけにもいかないので、昨日再度、こちらの眼科へ行ってきました。韓国はメガネやコンタクトは安いと聞いたので、新しく合うものを買ってもいいかなと思ったのです。

検眼してくれる女性は、日本語がちょっと分かると言う。しかし、度数の合わない感覚を説明しても、なんとなく分かってもらえない。ここで曖昧に検査を終わらせてしまっては、また合わないコンタクトをはめなければならなくなるかも。引き下がらずに、何度も根気よく説明。多分分かってもらえたはず・・・。

その後すぐに家の近くのメガネ屋へ。結果から言ってしまうと、日本で買うよりかなり高い値段だった。しかも聞いたことないメーカー(←韓国のかな?)。いつもなら、仕方ないと買ってしまってたかもしれないけど、そこは冷静になって買わずに出てきた。


f0035251_213814.jpg


いつも思うのですが、病院関係で言葉が通じずにもどかしい思いをするのが、海外で生活することの大変さかなとも思います。

そういえば我が家は、日本へ行くたびに何かしらの病院へ行ってますが、いつも保険証なしで見てもらってます。最近だと、眼科、耳鼻科、小児科、歯科・・などなど。

保険証がないと、もちろん自費診療となりますが、日本ってそんなに高くないのです。その時にもよりますが、歯科で治療しても1万円くらい。前回、O次郎が中耳炎にかかって急遽、耳鼻科へ行った時もお薬合わせて8千円くらいだったかな(←正確な値段忘れた)。

何が言いたいかというと、保険証がないからといって日本での診療を我慢するのではなく、我が家は普通に通ってしまってるという事。体のことなので、便利さというか言葉が通じることの安心を取ってしまってます。


写真は今日のおやつ、梅ゼリー。窓ぎわで撮ったら、庭の木が写ってた。
by Qtaro-mama | 2016-03-18 21:55 | Q太郎のおやつ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/25057164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あつあつ at 2016-03-19 01:37 x
日本の医療費の安さは特筆に値すると思います。私も日本に帰った時は保険証無しで病院で診てもらいます。アメリカとかだともう目が点になりそうな医療費ですが日本だと、「こんなに安くって申し訳ない」という気持ちさへ湧き出て来ます。でも歯医者さんだけはどうしても技術的に「ちょっと。。。」と思う事も多かったりしますが。

視力がなかなか合わないのは、私の場合、老眼(⬅️嫌な漢字)でした。英語で老眼って、、と思って相方に聞いたら「アメリカではう〜ん、、、weak eyesight」と言う事で私が怖れたaged eyes という言葉は聞いた事がないらしく、日本人って意地悪、と思いました。

梅ゼリーに写ったまだ葉のない枝の姿がまだ春浅い感じがしていいですね。
Commented by francana at 2016-03-19 05:27
そうですね、言葉が通じにくい場所で体調を崩すほど心細いことってないですよね。それに日本語には擬態語がたくさんあるので、痛みの説明もしやすいと思います。
保険証なしでもそれくらいの費用なんですね。とくに歯医者はもっと高いと思っていたのでびっくり。
我が家は航空券を購入したクレジットカードの保険でまかなっています。幸い、緊急で必要になったことはほとんどないのですが・・・ 帰省のたびに住民票を移して保険料を払う人もいますけれど、皆さんどうしているのかなといつも思っていました。
Commented by Qtaro-mama at 2016-03-20 09:41
>あつあつさん
韓国も保険証があるとかなりの安さですが、診療によっては金儲け主義に走るところがありまして、やはり色々な面で日本での診療が安心だと考えてます。アメリカの医療費の高さは良く聞きますね。万が一住む事になったら保険は一番にチェックしたいところです。

視力、私も夜パソコンをやる時などが見えづらくなってきてまして、疲れてるのかな?と囁いたら、友人に「それが老眼の始まりだ」と言われました。どちらにしろ来週、別なメガネ屋さんに行ってみたいと思います。
Commented by Qtaro-mama at 2016-03-20 09:48
> francanaさん
フランス語が出来るならまだしも、フランス生活初めのうちは、クリニックへの予約の電話ですらハードルが高かったです(いまだに嫌です)。

日本の歯医者、特に治療するのではなく定期検診(チェック)のようなものだと、もっと安いと思いますよ。そこで虫歯が見つかり時間がかかるものだったら、フランスに戻ってから治療するのも良いと思います。パリの歯医者だと予約で1ヶ月待ちという所もあるので、こういうやり方が楽だと思いました。
クレジットカードの保険、我が家も入ってますが、3千円や1万円くらいだと結局請求せずに終わってしまってます。でも急な手術など金額が違う場合はそういう保険も便利ですよね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。