モンパルナス

デニー・テデスコ 「レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち」

f0035251_2012883.jpg

レッキング・クルー 伝説のミュージシャンたち
監督:デニー・テデスコ

正直私も、彼らの存在全く知らなかった。

凄い人たちじゃないですか!

特に女性ベーシストのキャロル・ケイ、カッコいい〜。

音楽やってる人は必見でしょうかね〜。
by Qtaro-mama | 2016-02-07 20:30 | 映画 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/24936807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by A・C at 2016-02-07 23:32 x
こんばんは。
ここ数年、音楽業界の裏方ドキュメンタリーがたくさんでてきますね。たぶん永遠のモータウンあたりがきっかけでしょうか。
スタックス、マスルショールズ、ついにレッキングクルーもかといった印象です。観てみたいです。
誰もが知ってるいるような名曲のあれこれにこうしたスタッフの名前が出てくるとオタク心をくすぐります。

例えば後期ビートルズの様な創作集団も好きなのですが、
産業がまだ行き過ぎていなかった時代のスタジオの、
ゆるい組合みたいな雰囲気の中で、
名プレーヤーが多く輩出されていったケースも感慨深いものがあります。
なによりビートルズも一種の産業音楽の影響は受けてますし。
こういう文化の横つながりがあるのがこの時代のすきなところです。
Commented by Qtaro-mama at 2016-02-08 21:13
> A・Cさん
音楽好きとしては、こういったドキュメンタリー大歓迎ですね。スタックス、マッスルショールズ辺りは把握してても、このレッキングブルーは知らなくて、しかも凄い人(曲)ばかりでビックリしました。
昔は「スタジオ」というと、今とはもうちょっと違った意味を持ってましたよね。メンフィスのArdent studioに何度か遊びに行った時のことを懐かしく思い出しました。
Commented by A・C at 2016-02-09 00:34 x
>ママさん
こんばんは、返信ありがとうございます。

レッキングクルー、ドラマーのハル・ブレインやベースのキャロル・ケイとか、A&Mのソフトロック作品だったり、ラヴのフォーエバーチェンジスにも名を連ねていますね。当時のLA録音作品では主流もカルトも関係なく幅広くその名を目にします。

アーデント訪ねたのですね。羨ましい限りです。
結局日本盤がでなかったビッグスターのドキュメントですが、英語版で観たところ、実質アーデントストーリーと言って差支えない様々な人物が出てくる内容で、これは嬉しい誤算でした。

ママさんの仰るとおり、今の音楽産業とは機能が全く違いますね。
スタジオチーム制作だからとかバンドだからというわけでもなく、昔の現場はどちら側にも創造的な才人がいたことは確かだと思います。
Commented by Qtaro-mama at 2016-02-09 16:06
>A・Cさん
レッキングブルーのメンバー、色々な所で名前を目にしてたのかもしれませんね。でも名前もクレジットされるだけマシなのかも。名前が出なかったのもたくさんあったような事を映画でも言ってたような気がします。

昔LAに行った際、ある人の家に夜遅くお邪魔したことがあるのですが、その人のリビングが、グラミー賞レベルのトロフィーや楯でいっぱいでした。いまだに彼が何者だったのか謎なのですが、その後考えるにスタジオ関係(録音系)の方だったのかなぁと漠然と思いました。その時連れて行ってくれたというのが、記憶が定かではないのですが、多分、ラブのアーサー・リーです。

アーデントスタジオはジム・ディキンソンが良く使ってたので何度かお邪魔したことあります。余談ですが、ジム・ディキンソンの誕生日会にてサンスタジオのサム・フィリップスにご挨拶させてもらった事があり、その時は伝説の人(!)という感じで緊張したのを思い出しました。

昔話ばかりで失礼します。
Commented by A・C at 2016-02-09 23:39 x
>ママさん
こんばんは。

クレジット・
そうですね。名前が残ってるのは一部だけで、
想像しているよりも沢山の人達が
裏方で支えていたのだと思います。

LA・
すごいですね。アーサーであってもそれなら不思議はありません。ひょっとしたらこの映画にも関わりあったりして。

アーデント・
ジムもお知り合いでしたか。
彼も亡くなって暫く経ちましたね。誕生日にサムフィリップス!
そんな昔話ができるのが羨ましいです(笑)

お聞かせ頂き嬉しく思います(^^)
Commented by Qtaro-mama at 2016-02-10 22:28
>A・Cさん

誰にでも出来る話しではありません。
多分、A・Cさんなら色々分かるだろうなぁと思って書かせて頂きました。
Commented by A・C at 2016-02-12 02:11 x
>ママさん

ありがとうございます。
オタク冥利に尽きる御言葉です(^^)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。