モンパルナス

ジョン・キャメロン・ミッチェル 「ラビット・ホール」

f0035251_21564035.jpg

ラビット・ホール
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル

ネットフリックスで鑑賞。

子供を亡くした夫婦の話し。みんなそれぞれに辛い。

ラストの余韻に救われました。
by Qtaro-mama | 2016-01-25 22:05 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/24898081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あつあつ at 2016-01-26 04:34 x
Rabbit Hole, 私は上海時代に映画館で観て一人泣きました。(鬼の目にも涙。。)私はAaron Eckhartの隠れ大ファンでして彼の妻を思う気持ちと心を閉ざして愛に答えてくれない状況から同僚の女性と、、、一歩前で立ち止まり妻の元へ戻って二人苦しみながらも光の中へ向かって歩いて行く姿に惚れ直しました。そしてニコールキッドマンの虚栄心をかなぐり捨てた娘を目の前で亡くした母の演技と自分の娘を奪ったにっくきはずの男の子の成長を見守る様なMaleficentみたいな感情、人間の不思議さを魅せてなかなか頑張ったニコルでした。鬱々とした静かな怒りと喪失の哀しみの中で、許す事と受け入れる事をテーマにした小さな作品ですがやっぱりAaronさん、好き〜。(大笑)
Commented by Qtaro-mama at 2016-01-26 21:15
> あつあつさん
同じくAaron Eckhartのファンです。数日前に見た「幸せのレシピ」の彼の役がちょっと消化不良気味だったのでこちらを見た次第です。ストーリーがストーリーだけに見ること自体を躊躇してましたが、主役2人の演技、気持ちに素直に入っていけました。
Aaron Eckhartもかっこ良かったですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。