モンパルナス

すき昆布

O次郎が学校の図書館から借りてきたフランス語の本。普段は気にもとめないけど、この表紙の絵とタイトルが気になって読んでみた。

f0035251_1940372.jpg

調べると、日本でも1981年に出版された「ろばくん一代記」というものらしいです。そんなに古いものだった事に単純に驚きました。

f0035251_19413233.jpg

話しの内容は、ロバの一代記そのもの。オチもサプライズも何もないけど、その普通さが心に染みる。

この裏表紙に描かれてる様々な表情のロバ君の表情、思わずジーッと見入ってしまいました。

f0035251_19413814.jpg

すき昆布、ご存知ですか?

私の田舎の方だと良く食べられてて、実家に行くと必ず持たされます。

f0035251_22144959.jpg

さつま揚げのようなものを入れても美味しいのですが、今日は豚のひき肉に人参のみ。

故郷の味です。
by Qtaro-mama | 2015-09-18 22:19 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/24483342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぺる at 2015-09-19 10:58 x
すき昆布、大好きです! 栗原はるみさんのレシピで知ってからハマってしまい、以来頻繁に利用しています。
震災のときはしばらく手に入り辛くなるのではと懸念し、3パック買いだめしてしまいました…(反省)。優しく味が染みていく感じがなんとも言えないんですよね。うちは、何かもう一品という時に、ストックのツナ缶とニンジンをあわせることが多いです。
ところで、以前の記事から気になっていたことで、電気代。韓国は累進制度なんですよね。ですから単身で行かれるのとご家族で赴任とでは、電気代が全く違ってくるといいます。ママさんのお宅のオープンは電気式ですか? もしそうなら、ガスだとずいぶん違ってくるのかもしません。
Commented by Qtaro-mama at 2015-09-19 12:14
>ぺるさん
こんにちは。栗原はるみさんが紹介されてるとは知りませんでした。ツナ缶では作ったことがありません。これを作る為にわざわざひき肉を買ってきたけど、我が家でも次回はツナ缶で作ってみます(いつもストックしてあるので)。
電気代のこと、全く分かりません。こういうのが韓国語を理解しない所の辛いところです。オーブンは電気式ですが、ガンガン使う冬でも電気代は下がります。逆に冬は電気とガス代が逆転して、ガス代が5万円ほどになるのです。
東京の夏、クーラーを毎日かけてた夏でさえ1ヶ月2〜3万円で済んでたので、この今月の異常な電気代に首を傾げてます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。