モンパルナス

清水宏 「蜂の巣の子供たち」、吉村公三郎「象を喰った連中」

f0035251_18561021.jpg

インポッシブル
監督:J・A・バヨナ

2004年のスマトラ島沖地震で被害にあった外国人家族のストーリー。iTunesでレンタルが100円だったので借りてみた。

津波の映像がリアル過ぎて、分かってはいるけど、涙なくしては見れない。この監督の前作「永遠のこどもたち」も怖くて泣ける作品でした。


昨日、一昨日とYoutubeで見たのが、清水宏の「蜂の巣の子供たち」に、吉村公三郎の「象を喰った連中」。どちらも本当に素晴らしかった。

「蜂の巣の子供たち」は、出演者が全員素人、子供たちは戦災孤児だそうです。こういう作品が戦後すぐに作られてたなんて奇跡!

「象を喰った連中」、そんなに期待してなかったけど、これむちゃくちゃ面白いと思った。正統派コメディという感じ。
by Qtaro-mama | 2015-08-28 19:29 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/24411625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by francana at 2015-08-30 14:40
「Impossible」、ご覧になったのですね~
私も涙が止まらなくて、嗚咽しながら見ていました。
実話ですし、親の立場で見ると、他人事とは思えなくて・・・
すこしトラウマになってしまい、しばらく海の映像や、人が倒れているのとか、見られなかったです。
その後は明るく軽い映画ばかり見ていましたよ・・・(笑)

Q太郎くん、骨が折れてしまったのですか!
お大事になさってくださいね。早く治りますように。
二人ともミサンガ(っていうのかな?)をしていますね~
Commented by Qtaro-mama at 2015-08-30 22:51
> francanaさん
「Impossible」、単純に感情移入して見てしまいました。子供たち、みんな頑張ってましたよね。3兄弟の再会には私もボロボロ涙しました。
Q太郎、ギプスは3、4週間ほどで取れるそうです。
2人のミサンガは偶然です〜。O次郎はクラスの女の子から貰い、Q太郎もキャンプで女の子から作ってもらい・・・気付いたら同じ手首にはめてました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。