モンパルナス

成瀬巳喜男 「銀座化粧」

f0035251_2227451.jpg

銀座化粧
監督:成瀬巳喜男

ある意味、とても成瀬らしい作品だなぁと思いました。

「おかあさん」をまた見たくなりましたよ。
by Qtaro-mama | 2015-03-21 23:04 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/23809143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あつあつ at 2015-03-25 18:34 x
「お母さん」は私の大好きな映画の一つです。実は一週間ほど前に一人で夜に、キッチンに置いたコンピューターのスクリーンで見てまたまた涙が。。。いつ見ても幼い妹が里子に出される時もお母さんと家族に気を使いながら思いやるシーンには目頭が。敗戦後の全てを失った人達がまた新しく人生を再構築して行く中で更なる命の喪失と混乱の中で、家族のみんなが家族を思いやってそしてみんなお母さんが大好き。田中絹代さんもとっても素敵です。最後の「私の大好きなお母さん。いつまでも元気で生きてください。」という下りがまたまた涙です。このお話が実際に小学生の作文を元に制作されたところに今の日本の社会には希薄になってしまった何かを感じます。
Commented by Qtaro-mama at 2015-03-25 22:44
>あつあつさん
「おかあさん」はDVDを持ってるのですが、一度しか見てません。近いうちにまた見てみようと思います。

コメント中の「敗戦後の全てを失った人達がまた新しく人生を再構築して行く中で・・・」というのを読んで、先日、NHKの東日本大震災の4年を特集した番組を見て、何度も涙したのを思い出しました。お母さんを亡くされた子供の手紙は、やはり涙なくしては聞けませんでしたよ。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。