モンパルナス

パオロ・ソレンティーノ 「イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男」

f0035251_21425722.jpg

イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男
監督:パオロ・ソレンティーノ

先日見た「きっとここが帰る場所」が良かったので、同じ監督の2008年の作品を見てみた。ずーっと気になってた作品だけど、なんとなく難しそうなドキュメンタリーだと思い込んでたのです。

確かに登場人物は多いし、主役である元イタリア首相のジュリオ・アンドレオッティの事をちょっとでも知らないと難しいストーリーだとは思います。それでも退屈しなかったのは、やはり監督による演出の技かな。

この監督の次回作がますます楽しみになってきました。
by Qtaro-mama | 2015-01-24 21:05 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/23591727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by danjun at 2015-01-26 12:01 x
私もさっそく観ました。
オープニングから「おおっ!」って感じでしたね。
イタリアの事良く知らなくても楽しめました。
私はてっきり音楽の話かと思ってたくらいで(笑)。確かそんなグループがあった気が。
でもこの他はレンタルにはないので暫くみられないのかしら。
Commented by Qtaro-mama at 2015-01-26 21:24
> danjunさん
確かにタイトルと同じグループいますよね。どこの国のグループかも分かりませんが(笑)、名前は聞いたことあります。
イタリアの政界も大変だなぁと人ごとながら考えてしまいました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。