モンパルナス

今村昌平

今日も旅行の事書こうと思ってたけど、今村昌平監督が亡くなったというニュースを見て、彼の事を書かずににはいられなくなりました。

私は、古い日本映画が一番好きと公言してるだけあって、今村監督の作品もほとんど見てます。好きな昔の監督がほとんど亡くなってるなか、まだまだ活躍を期待していた監督の1人でした。本当に残念です。

今の若い人達は、「うなぎ」以前の作品を見た事ある人って、あまり居ないかしら? それ以前に、見る機会もあまりないですよね。

今村監督は、堂々と世界に誇れる作品を数々残したと思います。カンヌ映画祭でパルムドールをとった「楢山節考」はもちろんの事、「豚と軍艦」「にっぽん昆虫記」「赤い殺意」「人類学入門」、この辺はもう全部傑作で、でも「黒い雨」以降から、最近の「赤い橋の下のぬるい水」までも全部好き。

東京だと追悼のような形で、上映会があるかしら?
私がスクリーンで見たいと思っているのは、「神々の深き欲望」です。
by Qtaro-mama | 2006-05-30 21:29 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/2350375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miho at 2006-05-31 18:40 x
お久しぶりです。
今日ニュースを見てびっくりです。残念でなりません。
私は、「楢山節考」「豚と軍艦」がまた見たいです。

追悼上映会きっとやりますよね。
Commented by Qtaro-mama at 2006-05-31 23:08
>mihoさん
「豚と軍艦」の長門裕之が良いよねぇ、ああいうパワーのある映画、もう一度スクリーンで見たいよ。上映会、やるよねぇ。やらなきゃおかしいよね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。