モンパルナス

台湾のパイナップルケーキ

f0035251_20543812.jpg

先日Q太郎が学校で描いてきた絵。テーマが何なのか分からないけど、20点満点の18点だったので、悪くはないのだと思う。

f0035251_20544686.jpg

これはO次郎が今日描いてた絵。雰囲気が似てる・・・というか、O次郎は色を使うことをせず、細いペンでこういった細かいものを描くのを好むみたい(好みは随時変わると思いますが)。

f0035251_20335560.jpg

この絵は多分、以前にも紹介したと思うけど、上がO次郎で下がQ太郎。色合いが似ていて、私のお気に入り。

f0035251_2034516.jpg

今日のおやつは、台湾人のお友達から大量に頂いたパイナップルケーキ。彼女いわく、色々な会社から同じ商品が出てるけど、ここのが一番美味しいらしい。

f0035251_20341795.jpg

冷蔵庫に大量のセロリがあったので、今夜はセロリと卵の炒め物。子供たちの大好物。

そして今夜は、普段平日は不在となるQ太郎パパが家にいる。たまたま今日はソウルで会議があったという事ですが・・・。

それで早めに帰ってきたQ太郎パパと子供たちは今、「オーシャンズ11」を見ている。昨日は「マトリックス」。学校がお休みだとこうやって夜遅く映画を楽しめて、子供たちも喜んでます。
by Qtaro-mama | 2014-10-28 21:43 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/23193884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eva at 2014-10-28 23:20 x
モノクロの絵はアーティスティックですね。
子供の発想、想像力力って素晴らしい。
Oちゃんの木の絵、覚えています!
秋の色合いですね。
Commented by あつあつ at 2014-10-29 02:33 x
Q太郎君の画、とてもいいですね。彼の集中力を感じる抽象画。ちゃんと立体的に全ての線が一環しています。私なら20点あげちゃうな。そしてO次郎君の画、やっぱりこの年代の男の子ってお兄ちゃんの影響、大きいのですね(笑)。とてもかわいい。そしてこちらもとても上手。
台湾のパイナップルケーキ、本当にたくさんの種類がありますね。シンガポールでもラッフルズホテルで台湾にお店のあるパイナップルケーキを販売していて、日本人向けにレシピが作り替えられて売っていて日本人のパイナップルケーキ好きを感じました。私も大好きです。でもすごくカロリー高そうで一日一個に押さえるのが大変でした。(笑)メインランドに住んでいた関係で、たまに訪れる台湾の人達の穏やかさ、優しさにいつも日本に里帰りした様な懐かしさを覚えてメインランドとの違いにいつも驚かされました。台湾、大好きです!韓国の次にお気に入りの国です。
Commented by chov at 2014-10-29 10:42 x
早速絵を掲載してくださってありがとうございます!
いつもとっても楽しみで。(#^.^#)

確かに2人の絵はどことなく雰囲気が似ていますね。
センスがいい!

Commented by Qtaro-mama at 2014-10-29 19:50
>evaさん
Q太郎の絵、どういったテーマで描かれたものなのか気になりますね。
子供の絵って、個性が表れてて面白いなぁと思います。
Commented by Qtaro-mama at 2014-10-29 20:06
>あつあつさん
私の小中学生の頃の絵の授業では、こうやって明確な点数が付けられたことはなく、別な意味で驚いています。
台湾のパイナップルケーキ、シンガポールでも売られてるのですか!ラッフルズホテルレシピ、美味しそうです。カロリーはどうなんでしょうね?私も昨日、朝昼晩と3個食べてしまいました。
台湾人の方、優しいですね。日本が好きな方が多い印象もあります。ちなみにメインランドというのはどこなのでしょう?アメリカという意味?それともメインランドという街があるのでしょうか。大陸かな?
Commented by Qtaro-mama at 2014-10-29 20:08
> chovさん
たまたま似た雰囲気のを並べてみましたが、O次郎の場合は普段からこういった感じで1色のみで描くことが多いです。そのうち色を使う楽しみも覚えていくと思いますが・・。
良かったらまた見て下さいね。
Commented by ジョン太 at 2014-10-30 00:22 x
Q太郎くんの絵を見るたびにうちの子の絵を見ているような気がします。なんか絶対似てるとこあると思いますよ(^^)。「子供にしか描けない絵」ってありますよね。それはきっと子供だからこその想像力とか発想力とかあるんでしょうね。パイナップルケーキは博多阪急のディンタイフォンで買ったことありますが、これが一番美味しいんですね~覚えておきます(^^)
Commented by あつあつ at 2014-10-30 07:21 x
書き方が不完全ですみませんでした。メインランドチャイナでした。
台湾の街の方が何かしら日本に近い様な、そんな感じがいつもします。私は2年ほど、上海に住んでいたのですが、地域名はフランス租界という名の地域に住んでいましたが、やっぱりメインランドチャイナの凄さをまざまざと見せつけられて、とても楽しい2年でした。あの同じ自意識でも日本人の様に内に向かう自意識じゃなくって、外に強く向かう自意識の鋼の様な生命力に見習うものも多かったですが、私は台湾のソフトさ、理想主義のイノセントさがまだ許容される台湾の街の方が好きです。パリにもすごい数のチャイナからの観光客で溢れ帰って、グッチとかブランドもののお店の中をソフトクリーム舐めながら走り回る子供とヨーグルト飲料を飲みながら店内歩くおじさんとかたくさんいらして、凄いな〜って思います。凄いエネルギーですよね。(笑)

Commented by Qtaro-mama at 2014-10-30 21:22
> ジョン太 さん
長男、似てますかね?性格とかどうですか?うちはかなりの恥ずかしがり屋さんです。そこまでは似てないかなぁ?
ディンタイフォン、阪急に入ってるとは気づきませんでした。Q太郎が大好きなのです。博多に行ったら今度寄りたいくらいです。
Commented by Qtaro-mama at 2014-10-30 21:44
>あつあつさん
上海にお住まいだったのですね。エキサイティングな毎日だったろうと想像します。長男が気管支が弱いので、我が家は現在は中国方面は考えられません。
パリには中華街が2つありますね。美味しいレストランが多く、中華街の近くに住みたいくらいです。韓国は唯一、中国人が中華街を作ることが出来なかった国のようです。
パリ在住の中国人も、カフェやビストロ等を次々と買っているようです。友達が雰囲気の良さそうなフランス料理のレストランに入ったら、お店の人がみんな中国人でビックリしたと言ってました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。