モンパルナス

小津安二郎 「お早よう」「秋刀魚の味」「晩春」

f0035251_19112370.jpg

f0035251_19134124.jpg

f0035251_19164614.jpg


小津安二郎作品を3本続けて。これ全てYoutubeで。

「秋刀魚の味」は、初めて見た際にフランス語タイトルの「Le Goût du saké(酒の味)」に衝撃を受けた。秋刀魚が酒に変わってるなんて〜。でも改めて見ると、確かにお酒を飲んでるシーンがやたら多い。

「お早よう」は今日の午後に子供たちと。オープニングを見ただけでQ太郎が「この映画、もう2回も見てるよ〜」。O次郎は初めて。途中ゲラゲラ笑って楽しそうでした。
by Qtaro-mama | 2014-10-27 19:24 | 映画 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/23187916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あつあつ at 2014-10-29 02:51 x
「秋刀魚の味」も「晩春」もどちらも好きな映画です。フランスでは「秋刀魚」に対して季節を感じるほどの身近さのない魚だからお酒になっちゃったのでしょうか。この映画観た当時、岩下志麻さんの美しさも印象に残ったのですが映画の中で24歳という年齢がお嫁に行かないとこりゃ大変!という風潮にも驚いた記憶があります(笑)。よく、「紀子三部」作って言われますけど、「晩春』での原節子さんも本当に本当に素敵です。私は父との思い出があまりないので、こういう映画を観ると心揺さぶられます。見送る側、見送られる側が小津さんの目の中で逆に見送られる側になったり見送る側になったり、なにかしらいつも淡い気持ちに観終わった後にさせられます。私も今晩、秋刀魚食べたくなってきました。(あれれっ?笑)
Commented by あつあつ at 2014-10-29 06:06 x
⬆️すみませんでした。私、上のコメントを書いている時に相方が急に「ごは〜んまだ〜」と言いだして慌ててボタンを押してしまって(苦笑)、名前を書かずに匿名で送ってしまったかもしれません。もしそうだとしたら、本当に失礼しました。市場で秋刀魚はなかったものの、サバと面白い形の蟹を発見したので、味噌煮サバと茹でた蟹で晩ご飯でした。「秋刀魚の味」と「晩春」の笠智衆さん、映画の作られた年代は違ってもどちらもお父さん役で娘を嫁に見送る役、そして「秋刀魚の味」は小津さんの遺作であることを考えると本当に小津監督作品にとってなくてはならない俳優です。そして、原節子さんも小津監督を慕いつつ見事に映画界を去ってから鎌倉で生涯独身を通されて本当に映画の中の役だけでなくって私生活でも見事に生ききって素晴らしいと思います。
Commented by Qtaro-mama at 2014-10-29 20:23
>あつあつさん
映画お好きなのですね。「紀子三部作」では「晩春」ももちろん好きですが、最後に「麦秋」を見た際にかなり幸せな気持ちとなったのを思い出しました。笠智衆って、もっともっと評価されていい俳優だったのぁと思います。小津監督作品でも有名ですが、山田洋次作品の中での笠智衆も大好きです。
ちなみに私が住んでた頃は、フランスでは秋刀魚は見た事がありませんでした(ちなみにブリもありません)。時々、日本料理店で塩焼きがあるかもしれませんが、それは輸入の冷凍物だと思います。面白い形の蟹はtourteauかな?鯖は冷凍食品のお店「Picard」の冷凍ものを愛用してました。オーブンで塩焼きにして食べてましたが、今だったら塩麹で食べたいですね。
あっ、そういえば昨日、成瀬巳喜男の古い作品「はたらく一家」というのを見ました。私が好きな「驟雨」の最後を彷彿とさせる終わり方だったような気がします。
Commented by あつあつ at 2014-10-30 07:11 x
私は「はたらく一家」は小説で昔に読んだ記憶があります。確かでんぐり返しして終わるんですよね(微かな記憶ですが。)
読み終わった後、第二次世界大戦に入る前のまだ時代が暗くなる一歩手前のまだ希望とか努力とかが報われる様な感じもまだあった印象があります。
「Picard 」!偶然ですが一昨日、あまりに相方が会社の同僚に薦められるので行って来たばかりです。すごいですよね。全て冷凍食品!日中よりも夕方、会社帰りの人達で賑わうお店。素材系も充実で第一回目ということもあって、「冷凍お寿司」とかには手を出さずに無難にパイやアプリコット、そしてほうれん草を買ってみました。インド料理のバターチキンカレーはイマイチでしたが、なかなかの優れもののお店だと感じました。日本にも近日中に進出とか。牛丼とかの冷凍、出そうですね(笑)。
市場で買った蟹はTourteau Vivant と書いてあって、オスだと思ったらメスで卵の一杯つまったあま〜い蟹でした。でも形がすごく面白い蟹でした。
Commented by Qtaro-mama at 2014-10-31 00:07
>あつあつさん
最後のでんぐり返し、演出かと思ってたら、原作通りなのですね。おっしゃる通り、ハッピーエンドとは言わないけど、希望が残るエンディングでした。
Picard、おっしゃる通り、素材系がお薦めです。私がいた頃とはだいぶラインナップも変わったかもしれませんが、野菜、魚、肉、アイスクリームなどを良く購入してました。
Tourteau Vivant、生きてるTourteauという意味でしょうか。シーフード系(牡蠣なども)、レストランで食べるとそれなりのお値段がするので、私たちも良く市場で買って家で楽しんでました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。