モンパルナス

庭の柿

座頭市を見てると、昔会ったある人のことを思い出すのです。

フランスへ1人で旅行した際、友達の案内で地方にあるチベット人僧が暮らすお寺を訪ねることになりました。同行したのは私の他に2人で、その1人が盲目の男性でした。

移動時間が長く、私はフランス語も分からなかったので、1人借りてきた猫のように後ろの席でおとなしくしてました。それを察したかのように、時折、その盲目の彼は英語で話しかけてくれ、私がその話しに笑ったりすると、私以上に嬉しい顔をしてたのが印象的。

チベット寺院に着いた後は寺院を見てまわったり、ラマ僧が用意してくれたお昼ご飯(肉じゃがに似てる料理があった!)を食べたり・・・。

チベット人ラマ僧も穏やかな顔と声の持ち主で、彼の喋り声を聞いてるだけで幸せな気持ちになれたし、盲目の彼もとにかく優しく、彼の笑顔にはとにかく癒された。私にとって、忘れられない体験となりました。

そしてパリに戻り、盲目の彼を自宅に送り届けた後に知ったのです。彼のお母様が日本でも有名なフランス人デザイナー、ソニア・リキエルだったという事を。

f0035251_2263029.jpg

先日、誕生日会に来てくれたクラスメートの韓国人ママ。我が家の庭に一目惚れしたそうなのです。ちょうど物件を探してる最中のようで、こういう庭があるところを見つけたいなと思ってたら、次の日に不動産屋に案内されたのが我が家の建物。あまりの偶然にビックリしたと、メールが来ました。

f0035251_22171540.jpg

庭には柿の木もあって、先日我が家のベランダの柵のところに、2つだけ置いてありました。誰かが置いていってくれたのかな?

庭の外れの方にQ太郎パパがハーブ系を育てていて、それと一緒に日本のゴーヤも育ててましたが、収穫前になぜか管理人さんが、自分が育ててる韓国のゴーヤと間違えて取っていってしまったみたいなのです。間違えたのはしょうがないのですが、韓国と日本のゴーヤの味って同じなのかな?と心配になりました。管理人さん、苦いゴーヤにびっくりしてなければ良いのですが。

f0035251_22172381.jpg

今日のお昼もまたバーベキュー。

朝晩はグッと涼しくなってきましたが、蚊もまだたくさん出るし、昼間は半袖で過ごすことが多いです。
by Qtaro-mama | 2014-10-12 22:34 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/23107790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kiki at 2014-10-14 07:07 x
ソニアリキエルの息子さんだったという事もびっくりですが、Qtaroママのフランスでチベットのお坊さんがいるお寺に行かれたということがびっくり。興味深いです。ちなみにウチには座頭市のDVDボックスセットがあり、勝新兄の古いのを見ています。それも英語のサブタイトルで!私も座頭市の優しさとか控えめなところ、でも必要なときは驚きの強さを見せるところが大好きです。
Commented by Qtaro-mama at 2014-10-14 21:41
>Kikiさん
こんにちは。
チベット云々は関係なく、単純にフランスの田舎へ連れていってくれるという事で喜んで行ってしまいました。ソニアの息子さん自体は、プロデューサー等音楽の仕事をしてる人で、とても才能のある人なのです。
座頭市、ボックスセット持ってましたか!そちらで出てるのは知ってました。今は毎日、Youtubeで見てるのですが、そちらの画像がやはり英語字幕付きなので、多分そちらのDVDから取られたものなのかなぁ?と想像します。日本語のタイトルが時々「?」と思うものが多い反面、英語のタイトルはなかなかストーリーを言い得てるような気がします。
座頭市の控えめなところ、私も惹かれます。本当に強くないと、あの優しさは生まれないですよね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。