モンパルナス

受取人不明

受取人不明」のDVDを図書館で借りてきて見ました。キム・キドク監督の2001年の作品です。

予想以上に面白かった。韓国の米軍基地がある田舎の街での話し。問題を抱えてる人たちがたくさん出てきて、もちろん明るい話しではないけど、他のキム・キドク作品と同様、見て良かったと思う。

韓国らしいと思ったのが、犬の売買を商売にしてるという設定の人が出てきた事。途中、食用の犬を殺すシーンなども出てきて、目をそらしたくなりますが、「映画の中で傷められた犬は1匹もいません」と冒頭に出てきたので、ちょっとその辺は安心して見る事が出来ます。

Q太郎パパが韓国で働いていた時、仕事場の隣が、食用の犬を殺す場所だったそうです。一気に殺すのではなく、棒などで叩いて、じわじわと殺すらしい。犬が怖がることによて、アドレナリンが分泌され、犬肉の味が高まるとか・・・。仕事中でも犬の鳴き声が聞こえてきて、やりきれなかったと話してたのを思い出しました。
by Qtaro-mama | 2006-05-14 03:29 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/2154551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by momocyoko at 2006-05-14 21:01
え~残酷な!涙が出る!!アドレナリンだなんて・・・動物愛護団体に訴えられそう。アメリカじゃオマール海老の調理も延髄あたりを一気に刺して殺さないといけないそうですよ。海老が苦痛を感じるから。
日本も活け造りとかあるから何とも言えないけど。活け造りは嫌よね~
Commented by Qtaro-mama at 2006-05-15 00:37
シカゴではフォアグラが販売禁止になると聞きましたよ。
犬を怖がらせて殺した方が味が良くなる(?)みたいなのは、昔からの迷信のようなものなので、それだけは止めるようにと要請はあるみたいですが・・・詳しくは分かりません。こちらが夏の土用丑の日にウナギを食べるように、韓国ではその日が犬を食べる日だと聞きました。犬を飼ってる身には辛い話しですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。