モンパルナス

キム・キドク 「絶対の愛」

f0035251_1859397.jpg

絶対の愛
監督:キム・キドク

韓国の整形事情というのは、なんと説明したら良いか・・・、とにかく皆さんが考える以上に凄いです。

駅構内にデカデカと整形前と後の写真が載ったポスターが何枚も貼られていて、初めて見た時は何かのドラマの宣伝だと思いました。とにかく整形病院の数がハンパじゃない。

近くの学校の前でも不思議な光景を目にしました。男の子が女の子の頬を触って「うわぁ〜、気持ち悪い〜」みたいな事を言いながら走っているのです。その時はただ中学生の男女がふざけてるだけかと思ってましたが、その後、その女の子が目の下か鼻の辺りに何かを入れ、それを男子生徒が触らせてもらってたと理解しました。

あと、この作品を見た次の日が、韓国語のテストだったのです。それで見てる時に、何となく習った単語なんが出てくると「こういう風にも使うんだ」みたいな事を考えてしまって、なかなか集中出来ない。

この映画に対する感想は書けないな。
by Qtaro-mama | 2014-02-17 20:03 | 映画 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/21440464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by germanmed at 2014-02-19 08:03
前の鮭の記事もそうですし、今迄知らなかった韓国の一面を見せて頂いている感じで、色々ととても興味深いです。知っているようで知らないものですね。
Commented by Qtaro-mama at 2014-02-19 21:37
> germanmedさん
あまり良い言葉ではないかもしれないけど、韓国が整形大国であることは間違いないようです。大学の入学試験がとても厳しいのですが(競争は日本以上)、その大学の合格祝いで親から整形費用がプレゼントされることも多いと聞きます。就職の際の男性の整形とか・・・。
暖かくなったら、韓国の素敵な田舎風景とか紹介出来たらと思ってますよ。
Commented by germanmed at 2014-02-20 07:28
ひえーっ・・・。
特に顔の整形はアイデンティティにも関わるので、整形後に心を病んでしまうパターンもままあるのですが、韓国ではそういう問題はまだ余り表面化していないのでしょうかね。
Commented by Qtaro-mama at 2014-02-20 22:16
>germanmedさん
公園へ行くと、まだテープを顔に貼付けたままでマスクでちょっと隠しただけのような人がたまにウォーキングをしてるのです。術後の運動でも推奨してるのでしょうか?私が見たのは、1回や2回だけではないので、数にすると相当いるはず。あとこちらでは、冬でもサングラスをかけてる女性をよく見ます。これも何か関係があるのかな?
心を病んでしまう云々は私も初めて知りました。こちらでもまだあまり話し合われてないかもしれませんね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。