モンパルナス

赤いきつね

今日は韓国語の授業中にモヤモヤした事があった。

クラスメートの1人が、自分のブログに載せるために日本の刺身と韓国の刺身の写真を撮ったという。

韓国人の先生が「日本のと韓国のは違いがあるの?」と言いながら私の顔を見るので、本当は「味が違います」と言いたかったけど、それについては口をつぐんで、「韓国の刺身は辛いタレが付きますよね」と言った。

その後、韓国人の先生が続けた。

韓国の刺身は生きてる魚を持ってきて、食べる時に切るので新鮮です。日本の刺身はいつも冷凍もので、「It's not fresh」

それを聞いて、私も言いたいことは色々あったけど、ここでムキになって反論しても大人げないので言うのを止めた。生きてる魚に対して「It's not fresh」と言われてしまえば、返す言葉もすぐに見つからない。

しかし、日本にまだ行った事のないクラスメートに対して、「Japanese Sashimi, not fresh」は、あまりにもダイレクトな英語。

午後に宿題をやってる時もこの事を考えた。別に食べる前に切ったからって、いつも新鮮というわけじゃないでしょ。こちらのレストランの水槽だと、たまにお腹を上に見せて死んでる魚が浮かんでて、ああいうのだと新鮮とは言えないわけで・・・。

ちょっと前にフランス人から聞いた話を思い出した。ソウルの高級ホテルで仕事関係の大きなレセプションに出席した時のこと。食事がビュッフェスタイルで、お寿司のシェフが目の前で握ってくれたものが並んでいたという。そのお寿司を取って食べたところ、ネタがまだ凍っていたらしい。そのフランス人は何度も日本へ行ってる人で・・・寿司がそういう状態だった事にショックだったそうです。

別に韓国人の先生が悪意を持って言ったとかではなくて、多分先生もそんなに英語が得意な方ではないから、そういう言い方になってしまったんだろうとは思うけど、ちょっと私には・・・でした。

f0035251_2058760.jpg

今日の夕飯は久しぶりに「うどん」。

我が家は基本は「白米」で、麺類はそんなにしょっちゅうは食卓に上がらないかもしれませんね。

f0035251_20582317.jpg

韓国の冷凍の油揚げをちょっと前に買ってみた。お味噌汁に入れたら、食感が「赤いきつね」の油揚げそっくりだと思った。

その油揚げが大量にあるので、今日は珍しく「きつねうどん」。油揚げも甘く煮て、うどんの上に置いてみたら、まさしく「赤いきつね」になった。
by Qtaro-mama | 2014-02-10 21:33 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/21405092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eva at 2014-02-11 07:14 x
むむむ。
それは刺身に対する基礎知識が間違っているような・・・。
魚の種類によって違うかもしれませんが、刺身は確か絞めた直後よりも時間をある程度おいた方が旨味成分が出て美味しいと記憶していますが・・・。
もちろん、冷凍ばかりではないですしね。
Commented by マモン。 at 2014-02-11 09:38 x
おはようございます~

うん、うん、モヤモヤ気分わかりますよ~(笑)
韓国人のお友達と話していると行為モヤモヤはあります
分かり合えないと言うよりは、知る範囲が狭いのかもしれないし
信じている物が絶対と言う価値観もあるんじゃないかな~って
思って私も口をつぐんでスルーしちゃう事がよくあります(笑)。

何より、日本は素材を工夫して美味しくいただく料理方法も
ありますし…ネ。

うどん、きれいな肌だわ~!
最近自分で打つことないケド、打ったうどんと蕎麦の味は
間違いなく美味しいですね!。


Commented by Qtaro-mama at 2014-02-11 22:23
>evaさん
おっしゃる通りです。新鮮なだけでは美味しいとは限らないですよね。韓国のマグロは、冷凍の仕方か解凍の仕方が間違ってるような気がします。筋が残ってるものが多くて、食べる気になれません。
Commented by Qtaro-mama at 2014-02-11 22:31
>マモン。さん
こんばんは。
海外生活でありがちなモヤモヤでしょうかぁ。Q太郎パパにもスルーして正解と言われました。
うどんは「打つ」というほどのものではなく、10分ほど捏ねるだけのレシピですが、毎回美味しく出来ます。
ところで、うちのテラスに何かお肉が干されてるなぁと前から思ってましたが、マモンさんと同様、マグレドカナールセシェでした。胡椒をまぶしたものと、エスペレット唐辛子をまぶしたものの2種類でしたよ〜。
Commented by germanmed at 2014-02-12 06:22
こんにちは。昨日拝読してから私もモヤモヤぐるぐるしていたのですが・・・
ドイツに短期語学留学した時、寮で韓国の子と同室になりました。その時、「日本では過去の事をどう教えているの?私達は歴史の時間中ずっと、『兎に角日本が悪い、日本が悪い』という事を習い続けて、更に『日本ではその過去を全く教えていない』と習ったよ」と言われました。それで、私が日本が戦時にした悪事を習い知っていた事に、大変驚いていて、「こういう対話って大切だねえ!」と。そういう刷り込みがままあって、それを事実だと信じ込んでいる場合が結構多いのかな、と思いました。そうだとすると、思い込みの訂正は必要ですよね。
あとお刺身に関しては、一旦冷凍すると死ぬ寄生虫があるため、冷凍の方がいい場合もあります。例えばイタリアでは冷凍ものしかレストランで出してはいけない事になっていると聞いた事があります。
でも日本でもいけすはありますし、決して「いつも冷凍」ではありませんよねー。
Commented by Qtaro-mama at 2014-02-12 22:01
>germanmedさん
お話しありがとうございます。そういった教え方をされてるとは知りませんでした。参考になります。
ヨーロッパ方面ではどういった報道をされてるか分かりませんが、政府レベルでの日韓の関係が結構悪くて色々考えてしまいます。個人レベルでは幸いに今のところ問題ないのですが・・・。
刺身はフランスでも同様、冷凍が必要だったと記憶してます。美味しいお寿司や刺身は、残念ながら日本で味わうしかなさそうですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。