モンパルナス

ムールフリット

f0035251_2221826.jpg

昨日本屋へ行ったついでに、新世界デパートへ。相変わらず堂島ロールのお店には行列が。

ここのデーパートの食料品売り場には、イギリスのスーパー「Waitrose」の商品がちょっと置いてあり、それがやたら安い値段なのを先日チェックしてまして・・・初めてお買い上げ。

オレンジとトマトのイラストに一目惚れ。

f0035251_2233212.jpg

今夜はムールフリット。

f0035251_22212210.jpg

はたしてこのソウルで、今夜ムールフリットを食べてる家庭は何組くらいいるだろうか?と考える。

f0035251_22305326.jpg

私達も久しぶりのムールフリット。

f0035251_22324173.jpg

フリット用の美味しいジャガイモがなかなか見つからない。大きめのを既に2、3種類試してるけど、甘いものが多くてフリットには向かないのです。
by Qtaro-mama | 2013-09-28 22:42 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/20476722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tteatt2703 at 2013-09-29 21:38
ムールフリット,初めて聞いたお料理で,さっそくwikiってしまいました.
各々にお鍋(?)が置かれるんですね.
温かさもキープされるのでしょうか?

そしてジャガイモのお話,興味津々です.
揚げ方の違いは想像できても,フリットに合うジャガイモというと想像が難しい…
それはまたムール貝との相性にもなるのでしょうが.
ムールフリット,いつか旅行できる時がきたら,食べてみたいお料理になりました.
Commented by Qtaro-mama at 2013-09-29 23:21
> tteatt2703さん
ムールフリットはベルギーの代表的料理ですが、フランスでも場所によって食べることが出来ます。ベルギーでは1人1キロが基本、鍋の蓋はムールの殻を入れる為のものです。ムールの殻をフォーク代わりにして食べるのも特徴かな。
フリットは大体二度揚げしますが、甘いとカリカリになるまでに焦げてきてしまうのです。それで早めに油から上げると、結局カリカリになってない・・・というわけです。それに甘いとちょっと変な感じですね。結局、マスタードをちょっと多めに付けながら食べました。
ムールフリットの事、過去記事で詳しく説明してるものがないか調べたら、我が家のビデオを発見しました。
http://www.youtube.com/watch?v=MId0OqU4sX0&feature=endscreen
http://www.youtube.com/watch?v=Xq2c3AoMGvs
http://www.youtube.com/watch?v=K0qGVHJWVUM
3本です。画像も荒く見づらいですが、それぞれ短い映像ですので、興味がありましたらご覧になってみてください。食べ方なんかも見ることが出来ます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。