モンパルナス

チェッカークッキー

O次郎の熱も5日目なので、今日は病院に行ってきた。

結果から言うと、全ての事が分からなすぎて、病院通いがトラウマになりそうなほど大変だった。

見てくれた女医さんは英語が出来る人で、意思疎通は上手くいったと思う。しかし、処方された薬が5種類。鼻水も咳も出てないとはっきり言ったはずなのに、2種類の咳止めと鼻水の薬。薬を飲んで様子を見て、それでも熱が下がらないようだったら土曜日にまた来るようにと予約を入れてくれた。「もし治ったら、予約はキャンセルすれば良いですか?」と聞くと、「いや、治っても一応また来てください」

何の為?と疑問が残る・・・。

支払いを済ませて、あとは薬を貰うだけ。薬局の場所を聞くと、三人それぞれに違う場所を教えられる。受け付けの人には「外に出て右に曲がるとあります」と言われたけど、外に出ると片側4車線の大きな道路しかない。再度受け付けに戻り聞いてみると、「その大きな道路を渡ってください」

大きな総合病院なので、日本と同様、院内処方になるのかと思ってたけど違うみたい。薬局に辿り着くまで、5人くらいに聞いて、それでも分からなかった時は泣きそうになった。もう薬を貰わずに帰ろうかなとさえ思った。私一人なら何とでもなるのですが、O次郎を連れてあっちこっち聞き回らなければならないのが辛い。

f0035251_20424571.jpg

夕方、クッキーを焼きました(写真は焼く前)。

前回慌てて作って出来に不満だったので、今回は昨日の夜に生地を準備。

f0035251_20425223.jpg

全部で60枚くらい焼きました。

病院の事は、大変と言ってるだけでは前に進まないので、明日さっそく周りの人にリサーチして、もうちょっとリラックスして病院に行ける方法を探したいと思います。
by Qtaro-mama | 2013-09-26 23:06 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/20464536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chov at 2013-09-26 23:48 x
大変でしたね。
病院への疑問、わかります。不安になりますよね。
Oちゃんが早く良くなりますように。

言葉がわからない(文字さえわからない)国に住まわれて、それでも活動的に暮らしていらっしゃって、すごいな〜といつも思っています。
Q太郎ママさんは、外国自体は慣れているし、日本で日本語のわからない外国人ママさんたちのお手伝いをしていらっしゃったので、そういうのも関係あるのかな〜なんて想像しています。

下の記事の、Qちゃんの絵、かわいいですね!
いつもながら、Qちゃんの絵には胸を射られっぱなしです。ズキュン!(笑)
Commented by francana at 2013-09-27 16:42
それは大変でしたね。言葉が分からないという状況は、私はふとしたときに(特に理由がなくても)怖くなったりもします。
ましてや病院、Oちゃんを連れてとなると、泣きそうになったというのもうなずけます・・・ すこしずつ情報が得られて、早く生活の色々な場面がやりやすくなるといいですね。応援しています。

上の方も書かれていますが、Qちゃんは芸術的センスがありますよね!今回の絵の発想も、感心してしまいましたよ。
下の映画二作品も、ぜひ見たくなりました。探してみます。
Commented by efendi at 2013-09-27 17:02
言葉の問題もありますけど、国民性もありますよね。私の住まう国でも道を聞くときが一番困りますよ、全員が違うこと言ったりしますのでね。外国人の駐在員で特に日本人は会社の人間にヘルプを要請することがほとんど、パパさんの会社では頼めませんか?これもお国柄か企業の体質か分かりませんが、こちらでは運転手付でしかも言語に多用なローカルスタッフが重宝されてます。
O次郎くん、早く回復するといいですね。祈
Commented by Qtaro-mama at 2013-09-27 23:07
> chovさん
日本に来る外国人ママの逆バージョンという感じでしょうか。東京はだいぶ暮らしやすいとはいっても、あの日本語表記は相当大変なはずです。イタリア人ママの病院に付き添ってあげたのを思い出しました。彼女も小さな子供が2人いたので、1人だったら昨日の私と同じ想いをしたはず(でも日本人だったら、もうちょっと周りの人が丁寧に説明してくれるかな)。
Q太郎の絵、気に入ってもらえて嬉しいです。私もこういうタイプの作品が大好きなのです。
Commented by Qtaro-mama at 2013-09-27 23:12
> francanaさん
フランスでも病院通いは大変じゃないですか?あの電話で予約をしなければならないシステムに、フランス語が苦手な私はどうしても慣れませんでした。
今日ちょっと公園で会った方に、英語を話す小児科の住所を教えてもらいました。先生も看護婦さんもとても良い人たちだそうで、大きな病院と目的によって使い分け出来たらと思ってます。
映画、お薦めです!ムッシューラザールの方はカナダ映画ですが、モントリオールが舞台なのでフランス語です。久しぶりにグッときた2本でした。
Commented by Qtaro-mama at 2013-09-27 23:17
> efendiさん
国民性もありますよね。やはり言葉の壁があるので、普段私が道を聞くことはありませんが、韓国人からはしょっちゅう聞かれます。
給料の振込もあるので、初めの銀行口座の開設の際は会社の人が手伝ってくれましたが、普段の生活でヘルプを求めることはありません。駐在で運転手、メイド付きが当たり前の国ってありますよね。韓国ではそこまで一般的ではないと想います。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。