モンパルナス

ソウルの裏庭&ワインヴィネガー

f0035251_20435818.jpg

出発前にIKEAで買った机とイスです。

ソファの後ろに勉強スペースを作ろうと思ってましたが、外の緑が気持ちよかったので、こんな風に台所のテーブル脇にしました。

ちなみに机は、上の板と足が別々になってて、長さなども自由に選べるようになってるものでした。

f0035251_20441476.jpg

先ほどの机から見えるのは、この裏庭です。敷地内となってて、この先には何もないので通る人はほとんどいません。

f0035251_20512292.jpg

Q太郎パパもヨーグルト作りを始めました。日常に戻ったと感じる瞬間です。

f0035251_20442293.jpg

引越しの次の日、Q太郎パパが夜遅くまでガタゴト。次の日見たら、シードルの小瓶が何本も捨てられてたので、こんなに飲んだのぉ?とビックリしてたら、お酢作りに使ったみたいです。

赤と白のワインヴィネガー、そしてシードル酢の3種類。出来上がりは半年先でしょうか。
by Qtaro-mama | 2013-08-06 21:06 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/20158793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by efendi at 2013-08-07 15:30
ようやく落ちついたようですね、本当にお疲れさまでした。
新居は緑が奇麗で素敵ですね、何気にパリを思い出してしまいました、私の友人宅は割と郊外でしたけど。
ときに、この間作った自家製シードルがこのところの猛暑で酸っぱくなってしまい、もったいないと思ったんですが半分以上捨ててしまったんですよね。Qパパはシードルでお酢作るのですか?すごく興味がわきました(笑 実はただ捨てるのがもったいなくて酸っぱいシードルを少量ピクルスを作っている瓶に入れてます、基本は酵母なので害はないだろう、と。
半年寝かせているようですが、シードルには他に何か加えているのかしら、パパさんに教えて頂きたいです。願
Commented by Qtaro-mama at 2013-08-07 22:51
>efendiさん
家の中はまだまだですが、とりあえずホテルは脱出して気分も晴れやかです。
レンガが多用されてる家で、私は何となくロンドンっぽいなぁと思ったりしてます。
シードルの件、Q太郎パパは金曜まで戻らないので、私の意見で申し訳ないのですが、酸っぱくなったのをそのまま置いておいたら、お酢にならないですかね?元々がどういった材料で作ったかにもよると思いますが(リンゴだけかな?)。
Q太郎パパは日本でも同じくお酢を作ってたので、その自家製お酢を素にシードルやワインを加えただけです。市販のお酢だと色々なものが加えられてるので、同じようにしても失敗すると聞きました。加えるワインにも変なものが入ってると、同じく失敗するみたいです。
どちらにしろ、シードルを捨ててしまうのはもったいないですよね。
Commented by efendi at 2013-08-08 16:33
そうですね、この酸っぱさ加減だとお酢といっても良いかも。でもアルコールがあるのでねぇ、どうやってアルコールを飛ばすのか疑問です。一応、自家製シードルはリンゴ酵母と100果汁のリンゴジュース、ハチミツで作ってます。容器もペットボトルなので長期保存していいものか。時間のある時にでもパパさんにお訊ねください。

韓国生活、やはりあのハングル文字には悩みますね。友人知人には簡単だという人たちが多いんですが、、、どうもアルファベット慣れしてるせいか韓国語とロシア語には抵抗あります。
まだいろいろと難関がありそうですけど、頑張ってくださいね。
Commented by Qtaro-mama at 2013-08-08 18:05

>efendiさん
ワインも半年待てばお酢になりますので、やはりアルコール分は時間が解決でしょうか?一度お酢になったものであれば、ペットボトルでの保存も大丈夫だと思います(長期の保存だったら、瓶の方がベターでしょうか?)。
こちらの537番、参考になりませんかね?
http://food.kenji.ne.jp/qanda/qa501-550.html
ハングル文字、確かに簡単だと思います。短期間で習得OKです。でも私はまだ勉強を始めてないのです。9月、子供たちの学校が始まってからゆっくりやろうと思ってますよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。