モンパルナス

パテとテリーヌ

週末、Q太郎パパは2種類のパテを作りました。「鴨のパテ」と「豚レバーのパテ」です。前にも書いたけど、パテはQ太郎パパの得意料理の1つで、夜、私がテレビを見てる間に、30分ほどで手際良くパパッと作ってしまいます(焼き時間は別です)。ひき肉が手に入る日本に居た時も、パテに使うお肉だけは、塊肉を買ってきて、自分でひき肉にして作ってました。その際、豚の脂も一緒にひいて混ぜたりするのがポイントのようです。

f0035251_21313956.jpg



今回の鴨のパテには、香りを付ける為に、オレンジのスライスが乗ってました。中にはグリーンペッパーが入っているので、爽やかな辛みとオレンジの香りが何とも言えない組み合わせで、思わずパンが進みました。

食べてる時に、ふとテリーヌとパテの違いが気になって、Q太郎パパに聞いてみました。彼が言うには、元々パテとは、パイ生地に包まれたものだけを指して、その他全てがテリーヌだった。でも現在は、パイがなくても、パテと呼んでいるとの事。だから本来は。この豚と鴨のパテも、テリーヌと呼ぶのが正しいらしい。Q太郎パパは料理を勉強した人ではないので、間違ってる部分もあるかもしれませんが、なるほどなと思いました。

f0035251_21302121.jpg
これが彼の愛読書、テリーヌとパテの本。クリスマスに、自分へのプレゼントとして買ってたのが可笑しい。
by Qtaro-mama | 2006-05-02 21:37 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/2013769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。