モンパルナス

トマス・グティエレス・アレア「苺とチョコレート」「低開発の記憶ーメモリアス」

f0035251_2212271.jpg

f0035251_2215857.jpg

「苺とチョコレート」と「低開発の記憶ーメモリアス」、どちらも監督はキューバのトマス・グティエレス・アレア。

「苺とチョコレート」は全部で4回くらい見てる。キューバに行った前後に予習と復習も兼ねて。もちろんハバナでは、作品の主人公たちが行った所と同じお店で苺とチョコレートのアイスを食べた。

今見ても大好きな作品である事に変わりないけど、ダビドはやはりダビドで、そんなにカッコいいとは思えない。

「低開発の記憶」は好きなタイプの作品ですが、学生の頃映画館で見たら気持ち良く寝てしまってたかも。今回は寝ませんでしたが・・・。
by Qtaro-mama | 2012-11-23 08:23 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/18192573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。