モンパルナス

東京駅のイノダコーヒー

今日は一日中、家の片付けをする予定でしたが、あまりにもお天気が良いので我慢出来なく、自転車で東京駅方面へ向かいました。

f0035251_20561989.jpg

ビルとビルの間、銀杏並木の奥にあるのが東京駅です。丸の内口を出て10分も歩くと、皇居東御苑に着きます。東京駅の乗り換えで時間が余ってしまった人は、是非こちら方面の散策をお薦めします。この季節、本当に気持ち良いですよ。

f0035251_20592252.jpg

お昼を食べてなかったので、気になってたイノダコーヒーへ。大丸デパートに入ってます。

メニューを見て、「コメダ珈琲店」と勘違いしてたことに気づく。食べたかった小倉トーストがない(笑)。それで一番軽めのサンドイッチを注文。

f0035251_20592513.jpg

サンドイッチ1つじゃ足らず、やはりケーキも注文。

f0035251_20593270.jpg

自分が座ってたカウンター席の目の前にはこんな看板が。景色はやっぱり丸の内側の方が良いのかな?

そして今日は学校の後、私と子供たち3人でインフルエンザの予防接種を受けてきました。子供たちは2週間前にも受けたので2回目。先生が「ここが痛くないのよ」と言う箇所に打ってくれましたが、本当に針が刺されたのも気づかないほどでした。子供たち2人とも注射は全く平気。
by Qtaro-mama | 2012-11-16 21:17 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/18173817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by germanmed at 2012-11-17 04:30
おお!そこまで痛くなかったのは、どこだったのでしょうか。
する側としても、「痛くなかった」と言われるのが、一番嬉しい褒め言葉かも知れません。
自分で採血や注射を受ける時にも、痛くないテクニックの持ち主には、つい注目してしまいます。
Commented by Qtaro-mama at 2012-11-17 18:29
>germanmedさん
正確には「子供の場合ここに打つと痛がらないのよねぇ〜」と言って、その箇所に打ってもらいました。
場所は限りなく肘に近いところ、腕を伸ばした状態にすると、肘の骨があって、そのちょうど上のぷっくりと脂肪が厚くなってる辺りです。
東京では珍しく、年配の女の先生と受付の人だけでやってる小さなクリニックですが、先生が何でも話せる雰囲気を持った気さくな人で、近所でも評判なんですよ。
Commented by まきたん at 2012-11-18 01:49 x
イノダ珈琲いかれたのだなと地元のコメダ珈琲と字が似ているなとふと思い出しながら読んでいたら、コメダ珈琲の間違いだったという落ちで思わず笑ってしまいました。東京駅方面の銀杏並木きれいですね。じつは先週より名古屋に一時帰国していますが、地元の公園の紅葉も進んでいてとてもきれいでした。今回は関東方面いけそうにありませんが、また秋の東京もいつかいけたらよいなぁと思っています。
Commented by Qtaro-mama at 2012-11-18 21:19
>まきたんさん
ややこしい書き方をしてしまってごめんなさい。私もこの二つの違いがはっきりしておらず、以前コメダ珈琲で食べたトーストが美味しかったのでそれが食べたいと思ってたら、東京駅のはイノダ珈琲なので食べれなかった・・・という意味でした。コメダ珈琲が近所に出来るのを切望します。
帰国してるのですね。お子さんも一緒でしょうか。子供がいるいないにかかわらず、長時間のフライトは本当に大変ですね。体調を崩しませんように、気をつけて帰国の途についてくださいね。
Commented by germanmed at 2012-11-19 03:09
Q太郎ママさん、こんにちは。
ふーむ、珍しいところですねえ。肘に近くなり過ぎてはいけないし、結構難しいかなあという気もしますが、いつもそこに打っていたら慣れたものになるのかも知れませんね。
参考になりました。どうも有難うございました。
Commented by Qtaro-mama at 2012-11-19 21:30
> germanmedさん
こんにちは。
注射を打った場所、後でQ太郎パパにもビックリされました。Q太郎パパに言われて気づきましたが、たしかに肘の所の皮膚って、つねっても痛くないんですよね。ここに打たれて痛くなかったのも納得しました。しかし次の日、結構ひじをぶつけてしまう事が多くて、その度に痛みが・・・。もっと上部の方に打つというのはそういう意味もあるのでしょうか?でもそれ以外は何の支障もなかったのでは、私はまたそこでも良いくらいです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。