モンパルナス

スサンヌ・ビア「未来を生きる君たちへ」、社長漫遊記

f0035251_16463576.jpg

未来を生きる君たちへ
監督:スサンヌ・ビア

我が家と色々な部分で重ね合わせて見てしまった。大切なことが複数描かれてる作品だと思う。

見終わってから、デンマーク人のスサンヌ・ビアが監督だと知った。妙に納得です。

f0035251_8155453.jpg

昨日見たのは「社長漫遊記」と「続・社長漫遊記」。

森繁久彌の「社長シリーズ」の中の2本。嫌いじゃないけど、寅さんみたいにシリーズ全部制覇したいという気にまではなれない(笑)。
by Qtaro-mama | 2012-11-06 16:54 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/18139461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kimi at 2012-11-07 00:10 x
「未来を生きる君たちへ」は劇場で観ました。アカデミー外国語映画賞をとっているんですよね。おっしゃるようにいろいろと考えることがありました。そのなかで一番印象深かったのは、単純なんだけれど母親(=私)は息子になんでも話してほしいと思っているけれど、男の子は決して打ち明けてくれないことがあるんだなあ、ということなんですよ~。
Commented by Qtaro-mama at 2012-11-07 15:47
>kimiさん
この監督とは相性が良いようです。他にもたくさん好きな作品があります。
年頃の男の子を持つ母親にとってはドキドキするストーリーでもありましたよね。うちもQ太郎にはよく「お母さんはきちんと話しを聞いてくれない」と言われることがたまにあって、ドキッとしました。
私は「いちいちやり返してたら戦争だって終わらない」みたいなニュアンスの言葉が忘れられません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。