モンパルナス

les mots bleus

アラン・コルノー監督、2004年の作品。テレビで鑑賞。

耳は聞こえるけど話す事が出来ない娘を持つ母親と(シルヴィ・テステュ)、娘が通う聾唖学校の先生(セルジ・ロペス)のラブストーリーであると同時に、母娘の物語。

興味深い題材だと思いました。でも細かい所になると、フランス語が分からなかった。

注目すべきは主演の魅力的な2人。シルヴィ・テステュは線が細いから、いつも可愛い役をやってるイメージがあったけど、コメディもシリアスなのも何でもこなす。さすがフランス女優という感じ。セルジ・ロペスは「ニノの空」からのファン。「ハリー、見知らぬ友人」の不気味さは忘れられません。
by Qtaro-mama | 2006-04-14 20:24 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/1769503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。