モンパルナス

溝口健二「武蔵野夫人」、鈴木英夫「西城家の饗宴」

f0035251_21552013.jpg

武蔵野夫人
監督:溝口健二

この画像はカラーですが、映画自体はモノクロ。武蔵野の自然が美しく、カラーで見たかった気もする。

この時の田中絹代は、何歳だったのかしら?1人だけ、かなり落ち着いて見えますね。

こういうちょっと意地悪な役、森雅之は上手いと思います。

これの前に見たのが、鈴木英夫の「西城家の饗宴」。これと「武蔵野夫人」に共通してるのが、脚本が新藤兼人であること。

西城家の人々のほのぼの感と、父親の狂う様の対比が面白かった。
by Qtaro-mama | 2012-04-15 22:26 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/17429806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dandanjunjun at 2012-04-16 10:41
これは確か本で読んだ記憶が。映画化されていたんですね。Qママさんが紹介されてる映画、レンタルに無いのはitunesですか?観たいな~。
Commented by Qtaro-mama at 2012-04-16 14:34
>dandanjunjunさん
そうですね、原作があるみたいですね。
最近映画は、テレビの録画ばかりです。見るものがたくさんあって、TSUTAYAのレンタルも退会しました。
先月くらいからBSの日本映画専門チャンネルという所をたくさん見てます。うちのテレビでは特に入会しなくても大丈夫でしたよ。
http://www.nihon-eiga.com/
こちらです。兵隊やくざも、市川崑の特集もやってますよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。