モンパルナス

「歓びを歌にのせて」「知りすぎていた男」「プラネット・テラー」

映画の感想が溜まってしまったので駆け足で。

f0035251_20401965.jpg

歓びを歌にのせて
監督:ケイ・ポラック

最近は、O次郎がお昼寝をし始めると同時に映画を見始めるのです。それで大体2時間のものは見れる。

しかしこの日は違った。Q太郎が早退してきた。O次郎もちょっとだけ早めに目覚めてきた。

ラスト15分を残して子供たち二人がリビングにいる状態。「あと15分だからね〜」と言いながら見続ける。

最後がとってもいい感じ。多分、ここは泣く場面。でも子供たちの声がもの凄くうるさくて集中出来ない〜。

大失敗〜。

教訓:映画は子供が寝静まってから。

f0035251_20433363.jpg

知りすぎていた男
監督:アルフレッド・ヒッチコック

ラスト15分。

あっ、これ見たことあるかも・・・。

f0035251_20434790.jpg

プラネット・テラー
監督:ロバート・ロドリゲス

タランティーノの方は見てたけど、なぜかこちらはまだでした。

「デス・プルーフ」は、私が通ってた「テキサス・チリ・パーラー」というお店が舞台だったので、思い入れが強い作品です。

こちらはテキサスバーベキュー。オースティンに好きなお店があったので、出てきてくれないかなとチラッと思ったけど、ゾンビで忙しくてそれどころじゃなかった。まぁ、バーベキュー抜きにしても、単純に楽しめる作品。もちろんゾンビ系がダメな人には辛いかもしれないけど。
by Qtaro-mama | 2012-02-03 09:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/17145042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。