モンパルナス

阿部豊 「細雪」、ニコラス・レイ「孤独な場所で」

f0035251_14382532.jpg

細雪
監督:阿部豊

1950年の作品。谷崎潤一郎原作として何回か映画化されてるみたいですが、私は初めて。

四姉妹が出てきますが、この作品ではとにかく高峰秀子が美しい。

原作の方を先に読むべきだったか・・・。私の今年の冬休みの課題図書に決まりました。

f0035251_817363.jpg

ちょっと前に、ニコラス・レイの作品を2本見ました。

「孤独な場所で」と「暗黒街の女」。

「孤独な場所で」は、原題の「In a lonely place」で知ってた作品。これをそのまま訳すのは違うんじゃないかなぁという内容。面白い作品だけに、邦題をもうちょっと工夫してほしかった気がする。
by Qtaro-mama | 2011-12-07 21:06 | 映画 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/16876408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by リネン at 2011-12-07 21:46 x
先日発売された「芸術新潮」の最新号が、高峰秀子特集でした。映画雑誌ではないので、高峰秀子の骨董や旅や執筆など、映像作品以外にクローズアップした内容で、美しい写真がいっぱいの素晴らしい内容だったので、即買いしてしまいました。数ヶ月にNHKで高峰秀子のドキュメンタリー番組も放映していたし、高峰秀子関連の企画が色々出てくる時期のようです。

前の記事、Amazonと東京モーターショーに爆笑してしまいました。ママさん、危ないところでしたねぇ。
Commented by Qtaro-mama at 2011-12-07 23:11
>リネンさん
「芸術新潮」、ノーチェックでした。明日チェックして気に入ったら、私も即買いしたみたいと思います。
うちに入ってるケーブルテレビの映画チャンネルでもここ何ヶ月か、彼女の特集やってます。この「細雪」もそこで見ました。たしか今月は彼女が出てる成瀬作品の特集だったと思います(代表作だけだと思いますが)。彼女の著書も面白いですよね!
Q太郎は、モーターショーの所で分かってしまったかもしれません。そういう所は勘が良い子なので・・・。
Commented by Sayaka at 2011-12-10 07:20 x
実は今、ミニバカンスでポルトガルに来ています。リスボンのシネマテークでニコラス・レイの特集をやっていて、ボギーが弁護士役で出ている『暗黒への転落』を観てきたところ。Qママも、昔ポルトガルに遊びにきてましたよね?
Commented by Qtaro-mama at 2011-12-10 14:13
>Sayakaさん
独身最後の1人旅がポルトガルでした!たまたまホテルがシネマテークの近くで、それもちょうど溝口健二の特集だったので、2晩くらい続けて行ったのを覚えてます。懐かしい。
「暗黒の転落」未見です。今度、「理由なき反抗」をテレビでやるので改めて見てみようと思ってたところ。
ポルトガルの話し、また聞かせてください。楽しんで来てね〜。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。