モンパルナス

新藤兼人 「愛妻物語」

f0035251_23164693.jpg

愛妻物語
監督;新藤兼人

新藤兼人の監督デビュー作です。

amazonで700円くらいだったので買ってしまいました。新藤監督だったからというより、主演の宇野重吉見たさの方が強かったかも。

新藤監督自身の実話がベースとなっています。

タイトルも良いですよね。
by Qtaro-mama | 2011-08-19 23:44 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/16439524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by makikoai2005 at 2011-08-20 23:58
先日たまたま雑誌で「一枚のはがき」を作った後の監督のインタビューのようなものを読みました。ご自身の体験に基づいていて、これが最後の一作と決心されて作られたそうですね。スタッフの方と本当に親密になって、最後のカットを撮り終わった後に、現場で中華丼を食べながら涙してしまったと語られているのを読んで、こちらまでじわっと来ました。涙で中華丼が見えなかったとのことでした。
Commented by Qtaro-mama at 2011-08-21 21:48
>makikoai2005さん
そうなんです。この作品を作るための監督の色々な思いを想像すると、私も涙が出て来ます。今日、監督の著書を1冊購入しましたよ。読むのが楽しみです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。