モンパルナス

山本嘉次郎 「綴方教室」

綴方教室
監督:山本嘉次郎

この作品のタイトルを知ったのは、たしか高峰秀子のエッセイの中かな。でも、綴方=作文を書く教室だという知識はありませんでした。

日本中が貧乏だった時代の話し。とにかくお金がなくて、お父さんが帰ってこないと食べ物が買えないとか、明日食べるお米が一粒もないという次元。

それでも少女は書くことに興味を持ち、喜びを感じる。主役を演じた高峰秀子、14歳だそうです。とにかく可愛いかった。そしてまた、母親役の清川虹子が秀逸。

原作「綴方教室」の作者、豊田正子さんと高峰秀子。亡くなった時期があまり違わなかったことにもビックリしました。


鬼のいぬ間
監督:瑞穂春海

森繁久彌が出てるということで見始めたけど、お父さん役の男性が彼だと気づくのに時間がかかった。考えてみると森繁久彌といったら、ある年齢に達した髭を生やした顔しか思い浮かばない。若い頃の顔を知らないのでした。

全体的には時間がちょっと長め。でも森繁久彌の若い頃の出演作をもっと見てみたいという気にはさせられました。
by Qtaro-mama | 2011-07-10 23:29 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/16251876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by リネン at 2011-07-11 10:42 x
「綴方教室」、私も高峰秀子のかわいらしさが印象に残りました。「綴方教室」も「鬼のいぬ間」も簡単に見られない作品かと思うのですが、CSでご覧にならたのでしょうか?

それから、ママさんのお宅、広くて、窓が大きくて、マンハッタンの高級ペントハウスみたいですね。素敵です。
Commented by Qtaro-mama at 2011-07-11 19:50
>リネンさん
そうなんです、多分、CSだと思うのですが、割引など色々あったので、すぐに入会してしまいました。とりあえずこちらで様子を見て、物足らないようだったらレンタルなども考えたいと思ってます。
うちのアパート、マンハッタン云々というのはオーバーです(笑)。男の子2人だとある程度の広さがあるとありがたいですね。今日の夕方も近所の散歩を楽しみました。段々と好きになってるのが自分でも分かります。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。