モンパルナス

トラン・アン・ユン 「ノルウェイの森」

f0035251_4491094.jpg

ノルウェイの森
監督:トラン・アン・ユン

私がこの原作を読んだのは、つい2、3年前のこと。内容的にもファンというわけではありませんが、なんとなく気になったので見てみました。

見ていて気づいたのは・・・やっぱり全体の作りが日本人じゃないんですよね。キャストも初めこそ違和感を覚えたけど、見てるうちに、これは監督の意図するところだったんじゃないかと思えてきました。

ちなみに、監督のトラン・アン・ユンといえば・・・

大昔、フランス旅行中に彼の作品を映画館で見たのです。旅行から帰った次の日、銀座の映画館でバイト中、ふと外を見たらなんと監督本人が歩いてるじゃありませんか!ビックリしてそのまま話しかけてしまい・・・というか、フランス語なんかほとんど出来なかったから「あなたの映画が好きです」というのが精一杯。ところが、その様子を遠くからカメラで撮られていたようで、後日、深夜にテレビ放映されたみたいです。私は寝てたけど、友達からの電話で起こされ、その事実を知りました。

f0035251_4513661.jpg

網走番外地
監督:石井輝男

若い高倉健さん見れます。健さんの代表作の1本と言われてますよね。後半は面白かったなぁ。

この作品で、嵐寛寿郎さんの通称が「アラカン」であることを知りました。勉強になります。
by Qtaro-mama | 2011-06-24 05:54 | 映画 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/16175221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fusk at 2011-06-24 21:06 x
原作を読んだのが出版されたすぐ後で
内容もすっかり忘れていて。読んだ時にもあまり感心しなかったし。
私はこの原作の世代だから今回の映画ではかなり違和感は感じましたね。
あの時代に。ここまで進んでいるかなあって。
それと。神戸からでて来た二人が。たった1年か2年なのに
二人だけで話している時に関西弁の発音でないのが気になりました。
Commented by Qtaro-mama at 2011-06-24 21:27
>fuskさん
出版されてすぐ後だと、かなり話題になってましたよね。
神戸から来た2人って、誰のことを言ってるのか全く分かりませんでした。主役の2人という意味ですよね?映画の中だと「神戸」出身だと言及されてました?
私は逆に、原作を忠実に再現されてない部分が気に入りました。
Commented by kiki at 2011-06-25 01:21 x
えーえーえーっ!私もこの監督のファンです。The scent of green papayaが好きです。Qtaro mamaは日本でもフランスでも素敵な有名人に出くわされてますね。うらやましい。村上春樹の大ファンでもあるので、早くこの映画を見たいのですが、ウチの近くに来るのはいつのことやら。日本からDVDを送ってもらったほうがはやいかな…と思っているところです。
Commented by fusk at 2011-06-25 05:21 x
映画の一番最初に確か、神戸って、でて来たと思います。
やっぱり自分があの時代に20代だったから。
映画を見ていても感じ方が違うのでしょうね。
どうしても自分の70年代を思い出すので。
そう言う意味では最近村上春樹の「遠い太鼓」を読んだのですが
それの方がかなり親近感がありました。
Commented by Qtaro-mama at 2011-06-25 05:45
>kikiさん
「青いパパイヤの香り」良かったですよね。ちなみに私がフランスで見たというのは「シクロ」の方です。
村上春樹のファンですか。彼はフランスでも人気があります。
私は最近、日本のiTunesでレンタル(ダウンロード)して映画を楽しんでるのですが、利用されてませんか?400円ですので、DVDを送ってもらうより速い&安いと思いますよ。
Commented by Qtaro-mama at 2011-06-25 05:48
>fuskさん
教えて頂いてありがとうございます。お手数おかけしました。
「神戸」の件、全く見逃してました。途中、病院の場所が関西の方なのかぁと漠然と考えたくらいです。でも、あの2人が関西弁を話すというのを全く想像出来ません。
村上春樹は、それこそ2、3冊くらいしか読んだことがありません。「遠い太鼓」というのも未読です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。