モンパルナス

ジル・パケ=ブランネール 「サラの鍵」

f0035251_3364172.jpg

サラの鍵
監督:ジル・パケ=ブランネール

原作を読んでからというのも、とにかく早く見たいと思ってた作品でした。

これから読む人、見る人もいると思うので、ストーリーには全く触れませんが・・・

男性陣が本のイメージとちょっと違ったかなぁ。特に旦那の方は、もうちょっと体の大きい、包んでくれそうな人を考えてたので、あの俳優さんには、えっ?と思ったけど、映画から見るとそんなに違和感はないかな。

クリスティン・スコット・トーマスは完璧でした。この役は彼女以外、考えられないですよね。彼女の美しさが抑え気味になってる所なんかも良かった。
by Qtaro-mama | 2011-04-27 19:55 | 映画 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/15877181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kimi at 2011-04-27 22:37 x
Qママさん、ご覧になったのですね。いいなぁ。
旦那さん役、私がなんとなくイメージしたのはヴァンサン・ランドンでした。あの俳優さんは「 Il y a longtemps que je t'aime 」にも出演していた人ですよね。
Commented by dandanjunjun at 2011-04-28 10:29
今朝読み終えました。悲しいというのを予想していましたが、とても深く心に残る本でした。教えてくださって感謝です。私も是非映画が観たいです。
Commented by Qtaro-mama at 2011-04-28 21:29
>kimiさん
これは日本でも公開、またはDVD発売されそうですよね。私は是非、公開して欲しいと思ってます。
あの本の内容を2時間以内にまとめるのは、やはり大変な作業というか、どこかしらのエピソードを削らなければならないようで・・・映画だけ見ると、あの旦那さん役の俳優も良かったです。同様にヴァンサン・ランドンでも良いかもしれませんね(浮気の匂いがプンプンします)。

Commented by Qtaro-mama at 2011-04-28 21:32
>dandanjunjunさん
読まれましたか!私は読んだ後、2、3日、なんとなく引きずってました。映画も見る機会が巡って来ますように。
Commented by マカロン at 2011-04-29 03:11 x
日本になかなか帰れないので、無謀にも仏語原作本を買ってきました。読み終わるのはいつのことやら…。でも内容が興味あるので、頑張ってよめそうかな、と思ってはいます。
映画は見れなかったので、DVDがでたらだなぁ。
Commented by Qtaro-mama at 2011-04-29 20:51
>マカロンさん
最近だと、日本の本が買えるサイトもいろいろあって、送料などもそんなに高くないみたいですよ。
DVDはもう出てるのです。映画を見てから本を読むのも良いかもしれませんね。その方が読みやすいかも。
ちなみに私はiTunesでレンタルして見ましたよ。
Commented at 2011-05-29 19:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Qtaro-mama at 2011-05-30 15:48
>鍵コメさん
こんにちは。ご紹介ありがとうございます。
これについては、もっと多くの人に知ってもらいたいなと思ってますよ。
Commented by g at 2012-05-10 14:52 x
昨日映画館で観てきました。映画としてほんとに面白かったし、感情を揺さぶられるシーンと、考えさせられるシーンとがあって巧いなと感じました。 
サラの子供時代を演じた女の子の演技が凄すぎて、というかサラのキャラクターを愛さずにはいられない内容だったので、アパートに戻った時のサラが痛々しくてしばらく引きずりそうです。大切だから守ろうとしたのに、自分のせいでああなってしまったなんて、すごい容赦の無い展開だなと思いました。

ユダヤ人虐殺が絡んでいる作品では決まってユダヤ人側に感情移入してしまうので、もし自分が迫害される対象になったら、と怖くなりました。
そう思うがゆえに狩る側に加担してしまったら・・・と考えは尽きません。
見事に製作者の意図にはまってしまった感じです。


ジュリアは子供を産んでからかなり素敵になりましたよね。
その為にあえて最初は魅力抑えめだったのかな?笑
Commented by Qtaro-mama at 2012-05-10 23:19
> g さん
こちらの感想を読ませて頂いたら、また見たくなってしまいました。
おっしゃる通り、大切な弟を守ろうと、ああいった行動を取ろうと思ったのは当然のことだと思うのです。それがあんな結果になってしまって、考えるだけで心が張り裂けそうです。
フランスの同じ題材を扱ってる作品として「黄色い星の子供たち」があります。こちらも見応えがありますので、もしこういった題材に興味がありましたら是非。

Commented by g at 2012-05-11 12:21 x
子供が出てくる映画はずるいと思っているんですが、観たあとは観てよかったと思うんですよね。
近所のツタヤで見つけたので、PCを新調したら観てみます!
PCのDVDプレーヤーのみ壊れているため、時間はあるのにDVDがみれないというツライ状況のため。。
5年以上使っているし、Macっぽい見た目のウィンドウズに買い替えようかなあと思っています。笑

たまに電気屋に行くとわくわくしますね^^
Commented by Qtaro-mama at 2012-05-12 08:57
>gさん
子供が出てくる映画、私も最近は自然と避けてますね。うちの子と重ねてしまってダメです。
DVDプレイヤー、壊れてしまったのですかぁ。おっしゃる通り、最近の電気屋さん、かなり進化してますよね。何でもあります。
ポータブルのDVDプレイヤーが、意外と安いことに最近気づきました。それだとPCも買い替えしなくても良いかもしれませんね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。