モンパルナス

Q太郎のおやつ 「イチゴのムース」

先週の火曜日、Q太郎が学校からなかなか出てこなかった。他の生徒が全て帰ってしまった頃に、担任の先生と一緒に出てくる。

「Q太郎の上着がありません。でも代わりに他の生徒のが見つかりました。多分、彼が間違って持っていってしまったようです」

見ると、Q太郎と全く同じジャケット。色もサイズも一緒。名前まで書いてあって、唯一の違いといったらQ太郎のよりちょっときれいな感じに見えるくらい。

どうしますか?と言われたけど、その日は暖かかったし、他の子の上着を持ち帰ってもしょうがないので、それは残しますと言って帰途に付いた。

それから1週間。まだQ太郎の上着が返ってこない。こういう所が、とてもフランスだなぁと感じる。子供が間違って持っていってしまうのは仕方がないと思う。しかし、その後のフォローがないのです。

Q太郎にも何度か、その子に持ってくるよう頼みなさいと言ったけど、他のクラスの子のようで、なかなか会わないと言う。もうすぐバカンスにも入ってしまう為、連絡帳に書いて担任の先生に頼むことにした。

そして今朝、Q太郎を学校へ送って行くと、なくなったのと同じベストを着た男の子が、ドアの前に父親と一緒に立っている。もしかしてと思ってQ太郎に聞くと、やはりその子だと言うので、私が直接言うことにした。

「先週、お宅のお子さんがQ太郎の上着を持っていってしまったようですが、家の中にありませんか?サイズも色も同じなので間違ってしまったようです。

いいえ、ありませんよ、家にあるのはこの着てるものだけです。

そんなはずはありません、先週の火曜にたしかに家に持ち帰ったと思うのですが・・・

これは確かに自分の子の上着です。名前もきちんと書いてありますよ」

何度か同じことを説明するけど、初めから「うちにはない」と決めかかった態度で、話しは平行線。なくなった日に学校に残ってたのはこの上着だけだったので、男の子がQ太郎のを持ち帰った可能性はあるのに、全然聞く耳持たず。

私が望んでいたのは「分かりました。家の中を探してみます」というような返事。もしかしたら学校へ迎えに行くベビーシッターが知ってるかもしれないし、母親がどこかにしまったかもしれない。なにも今すぐ持ってくるよう言ってるわけではないのに・・・。

そして何より、隣にいる男の子本人に聞いて欲しかったけど、父親が1人で意見を述べてるだけだった。もうこれ以上言ってもしょうがないし、ちょうど連絡帳にも書いたところなので、「一応、探してみます」の言葉はもらえず別れました。

典型的フランス人・・・と思った出来事。

f0035251_20462828.jpg

今日はQ太郎の学校の本について書こうと思ってたのに、朝からイライラしたせいで予定変更。

イライラにはビタミンCかなぁと思って、余ってたイチゴでおやつ作りを始めたけど、クリームを凄い勢いでかき混ぜてる最中に、イライラにはカルシウムだという事に気づいた。

ついでに写真もボケ気味ですねぇ。一応イチゴの粒はきれいに潰さず、残してみました。
by Qtaro-mama | 2011-04-05 21:44 | Q太郎のおやつ | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/15766768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coco at 2011-04-05 21:59 x
ムキー!!!なんてことなんてこと!!!
読んでるだけで腹立つわぁ~。スミマセン、短気なんで・・・
お休み前に帰ってくると良いですね(涙)
当事者同士で話し合ってもらえると一番いいんだけれど。。。
苺とミルクで癒されました??私はイライラにはニンニクたっぷりのパスタをドカ食いですかね♪
Commented by makikoai2005 at 2011-04-05 22:25
なるほど。それは確かに気分が悪いですね。別に、そんなに意固地になって「絶対違う」とかって言わなくたっていいのに。あとで、もしも家でQ太郎君のジャケットが見つかったら、どうするんでしょうそういう人たちは。ところで、うちの息子の通っている学校は制服があって、しかも体操着に全員で着替えたりするので、子供同士が服を間違えて持ってきてしまったり着てきてしまったりすることがままあります。洗濯物の中に別のお子さんの名前のついた服を見つけたりすることも何回もありました。そのたびに、まずはお母さんが心配して探し回ったりしないように、メールで「うちにありますよ、明日持って行かせます。」といった内容を書いて送っているのですが、ほとんどのお母さんが、「よくありますよね。気にしないで。」と返信をくれるのに、以前「あなたの息子さんにもっと注意するように言って下さい。」という返信をしてきた方がいました。すごく気分が悪かったです。世の中には色々な人がいるんだなと思いました。
Commented by efendi at 2011-04-06 01:38
なんとなく、フランス人だなぁ、と漠然と感じたお話でした。
子供の代弁を親がする、これはなんとなく日本以外の外国にありがちなのかと思いましたが私の住まう国ではここまで行き過ぎた親の話は聞きませんね。過保護さは世界一、と思いますが一応ひとの話は聞きます。(納得したかどうかは別ね)
結局、Q太郎くんの上着は無いままなんですよね?これで見つかったとしても侘びの言葉は期待できませんね(笑)先生の介入に期待したいところです。
Commented by マカロン at 2011-04-06 02:25 x
いちごは美味しそうなんですけど、まったく腹立たしいですね、その父親。ほんとにここで暮らしていると、一言探してみます、と協力してくれることをいってくれればいいだけなのに、それをいったら責任全部取らされるとでも思っているのか、しらん、私のせいじゃないってばかり。それにこっちの親って子供がしたことにたいして謝ることはありえないですよね。
先生介入できちんと戻ってくるといいですね。
Commented by jk-metis at 2011-04-06 02:55 x
Q太郎ママさん、こんばんは。 うちの息子も1度幼稚園で、買ったばかりの上着がなくなってしまい、「誰が着て帰ったんだろう・・・」と、悶々しましたが、2・3日後に別のクラスの上着掛けに、かけてあるのを発見! " フランスでは無くなってしまった物は戻ってこない " と、漠然と思っていたので (苦笑) 、戻ってきて逆にビックリしましたよ (汗)。 Q太郎くんの上着も、どうにか早く戻ってくるといいですね。
Commented by Pan at 2011-04-06 05:16 x
わ~か~る~。うちは、基本的にもうなくしたくない物は幼稚園へ持って行きません。それでも、髪ゴム何本も、マフラーも、なくして帰ったことがあります。帽子、カーディガンもなくなったことがあるけど、後日帰ってきたこともあるなぁ。名前が書けないものはしょうがないですが、名前が書いてある物は帰ってきてほしいですよね。
うちは、母や伯母が編んでくれたカーディガンも着せているので、そういう愛着のある物はなくしてほしくないです。娘は無頓着で、簡単に外れた髪ゴムをそばにいたクラスメイトのポケットに入れておいてもらって忘れた・・・とかあります。先生も個人の物の管理までしてくれませんものね。私は、親同士でこういうところまで関わったことはありませんが、子供は忘れがちですよね。
Commented by Qtaro-mama at 2011-04-06 06:03
>cocoさん
当事者同士というのは、2人の子供たちを見てたらちょっと無理そうでした。バカンスまで、あと2日。戻ってくるかな?
イチゴでかなり癒されましたよ。ニンニクたっぷりのパスタですか!それも良いですね。
Commented by Qtaro-mama at 2011-04-06 06:08
>makikoai2005さん
年齢の低い子供ほど、こういう洋服の間違いなど結構ありますよね。だからこそ、みんな名前を書いていくのだと思いますが・・・。しかし、息子さんにもっと注意するようにって・・・こういうのってお互い様じゃないんですか?メールで知らせてあげてる事自体が、すでに親切ですよね。おっしゃる通り、世の中には(世界には)色々な人がいますね。
Commented by Qtaro-mama at 2011-04-06 06:12
> efendiさん
そちら、過保護というか、子供たち大好きですよね(笑)。あの雰囲気、分かります。
上着ももちろん見つかってません。とりあえず今日、先生が連絡帳を見たと思うので、木曜に何か進展があることを期待したいですが、あまり先生の介入も当てに出来ないのが辛いところです。
Commented by Qtaro-mama at 2011-04-06 06:18
>マカロンさん
そうなんです。「家を探して、もしあったら子供に持たせますね」で良いと思うのです。こういう無責任なところ、こちらに住んでると色々なところで見かけますよね。金曜までに戻ってくると良いな。
ちなみにイチゴの美味しかったですよ。ミキサーとか使わずに作りました。こういうムースっぽいの、フランスでは食べる機会が少ないですね。
Commented by Qtaro-mama at 2011-04-06 06:20
>jk-metisさん
こんばんは。
幼稚園時代はカーディガン系を間違って持っていかれることが2、3回あったと思いますが、毎回戻って来てましたよ(3日くらい時間がかかりますが)。
基本的に学校内でなくなったものは、出てくると思いますよ。出てこないのは本当に盗られた時です。上級生に盗られるポケモンカードとかは戻って来ません。
Commented by Qtaro-mama at 2011-04-06 06:26
>Panさん
幼稚園だと、忘れ物の洋服が山のように積み上げられたまぜんか?特にパリは、ヌヌが迎えに行く事も多いので、みんな子供たちの洋服や持ち物など把握してないのかなと思います。
小学校の方は校内に親が一切入ることが出来ないので、親が持ち物をチェック出来ないのは不便だけど、もう小学生は子供たちで管理するのが基本なんでしょうね。
Commented by Sayaka at 2011-04-06 07:20 x
つんとした、意地悪そうなフランス男の顔が浮かんできました。私など、そういう嫌な態度をとられるのが嫌なあまりに、また、興奮しちゃって口論になるのが恐ろしいあまりに目をつぶってしまいそうですが、ちゃんと抗議して偉かったね! そして、いらいらしても、ちゃんと美味しそうなデザートを作ってるのはさすが。
Commented by kaochanママ at 2011-04-06 09:07 x
なんだかな~って思いました。
ヨーロッパを旅行したときに、他の国でこういう人に遭遇してイライラ&モヤモヤしたことを思い出しました。
絶対に引かないし、自分のことを省みることがなくて頑固だなって呆れました。こういう人って、やっぱり外国人の方が多い気がしますが、どうなんでしょう?
Commented by chov at 2011-04-06 11:47 x
腹立たしいですね!協力しようって(それどころか、あっちが悪いんだから当たり前のことだし)気が全くない感じ。
フランス人同士は、そういう時に感じ悪いと思ったり、腹を立てたりしないんですか?

私も(フランス人ではないのですが)外国の方と仕事して、「違っていますよ」と指摘しても「そんなことはない」と、確かめようともしない。あとになって結局間違いが判明しても、あやまりもせず「XX(私が指摘したこと)だった」なんて、平然と言ってきたりすることがありました。


Commented by zucchini0315 at 2011-04-06 23:46
早く戻ってくるといいですね。

きっとフランスだけでなく、まずは「謝らない」のが日本以外だと以前の旅で体に沁みました。でも、中でも英国は日本に近いかなあ。

謝ったら負けって教わるんだとも聞いたことがあります。

笑い話で、刃物で刺された瞬間にとっさに言う一言で日本人は「アイムソーリー」だと聞いたことがあります。頷けるところも有り。今回の震災でもそのような(?)穏やかで謙虚な国民性が評価されていますしね。

心配しているだろうと、メールで知らせたりするような「気遣い」の感覚は理解してもらえないんだろうなあ。

私は例えどうでもいいハンカチ一枚でも失くすのも許せない質なので、Qmamaの立場だったらどうしただろうか…
Commented by Qtaro-mama at 2011-04-07 04:59
> Sayakaさん
外見の特徴を書かなかったと思うけど、推測通り、アジア系でもアラブ系でもなく、普通のどこにでもいるサラリーマンタイプのフランス人なのでした。
今日も公園で、もの凄い口喧嘩を目撃したところ。女性同士、凄かったぁ。
イチゴが美味しい季節になりました。こういうムース、お薦めです。
Commented by Qtaro-mama at 2011-04-07 05:08
>kaochanママさん
私は普段、他人とあまり関わりを持たないので、被害はかなり少ないのですが、パリで仕事をされてる方などはかなりのストレスだと思いますよ。日本にはないタイプのストレスだと思います。
Commented by Qtaro-mama at 2011-04-07 05:16
> chovさん
道ばたで、口喧嘩のような言い争いを見るのはしょっちゅうです。今日も公園でかなり派手なのを目撃しました。みんなで怒りまくってます(笑)。
お仕事場での話し、ここでの日常のようです。
Commented by Qtaro-mama at 2011-04-07 05:33
> zucchini0315さん
謝らないのは文化みたいなものなので、しょがないとは思うのですが、刃物の話しは、ジョークか何かでしょうか?いまいちポイントが分かりません(笑)。
パリにいると、不条理なことがいっぱいあるのです。Q太郎パパも「答えを求めちゃいけない」と言ってます。こちらに来てから、良い感じで諦めることを覚えたような気がします(決して自慢出来ることではありませんが)。
今回の上着の件、相手の男の子の上着をこちらで預かっておくのが一番良かったのかなぁなんて思っちゃいますよね。Q太郎パパも同じこと言ってました。
Commented by zucchini0315 at 2011-04-08 13:14
そうですジョークなんですけど、例えがフィットしてませんでしたね(汗)ゴメンナサイ。女の子を見つめるOちゃん「あ、同じ髪の毛だー」と思ってるフキダシを付けたくなりましたよ♬
学校の本もとても興味深いですね。昨日入学式で教科書を受け取りました。私たちの頃とぜんぜん違う。言うなれば当時の「学研の科学と学習」なみに写真・イラストがいっぱいですよ。私もブログにそのうち書こうと思いました。でもね日本の教科書はとてもフランスのセンスに叶いません残念ながら…
Commented by Qtaro-mama at 2011-04-09 05:30
>zucchini0315さん
日本の1年生の国語の教科書を貰っていたこと、すっかり忘れてました(このコメントを読んで思い出しました)。結構、ペラペラだったような気がします。良かったら、そちらの教科書もまた紹介して下さいね。
上で紹介したのは教科書ではなく図書館の本ですが、教科書の方は内容が詰め込まれてる感じで、「ゆとり」からは程遠いです。でも日本でも「ゆとり教育」は一応、終了なんですよね?
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。