モンパルナス

セザール賞の結果と「Neko」

今夜は22時頃にパリに戻ってきました。

そして今夜はセザール賞(フランスのオスカー)の授賞式でもあるみたいです。今、テレビで見てる所ですが、監督賞にロマン・ポランスキー、女優賞にサラ・フォレスティエ、男優賞にエリック・エルモスニーノ、作品賞にグザヴィエ・ボーヴォワの「Des hommes et des dieux」が選ばれました。

ノミネートの時から「えっ?」みたいなのが多かったけど、結果も意外と予想出来ない感じだったかな。サラ・フォレスティエは私が今年最初に見た「Le Nom des gens」の主演女優。エリック・エルモスニーノはセルジュ・ゲンズブールをやった人。ロマン・ポランスキーとグザヴィエ・ボーヴォワは両方好きなので、それぞれ嬉しかったりします。


f0035251_7484472.jpg

田舎の家の窓の外に黒い影が・・・

f0035251_7482655.jpg

多分、初登場かな?「Neko」という名前の飼い猫です。

f0035251_747133.jpg

限りなくノラに近い生活をしてるし、猫にアレルギーのあるQ太郎が来る時は、中に入れてもらえない事が多いので、あまり見かけることがありません。

f0035251_746389.jpg

この日もずっとテーブルに座ったまま、存在をアピールする事なく時間だけが過ぎていきました。
by Qtaro-mama | 2011-02-26 08:24 | 映画 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/15571480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zucchini0315 at 2011-02-26 18:45
かわいいーかわいいーくろいNEKO★しゃのあーるって黒猫のことでしたっけ♬
Commented by Toto at 2011-02-27 05:36 x
この後姿がなんとも言えなくかわいいですね。
私も実家でシャムネコを飼っていたのですが、彼が死んでから猫アレルギーであることが判明。飼っていた頃は一緒に寝ていたし、気にならなかったんですけどね。
今は猫と長く一緒にいるとくしゃみ連発&目が痒い。
犬より相性がいい気がするんですが、ここまでひどいと自分では飼えないでしょうね。
それにしてもステキな実家ですね!憧れます!
Commented by Qtaro-mama at 2011-02-27 06:35
>zucchini0315さん
その通り、しゃのあーるって黒猫のことです。
「neko」は、ネズミを取るのも得意で、ちょっと危険な香りのする猫なのです。
Commented by Qtaro-mama at 2011-02-27 06:37
> Totoさん
私もどちらかというと犬派ですが、動物は何でもOKで、猫ももちろん大好きです。
Q太郎も猫だけのせいではないと思うのですが、この田舎の家に行くとどうも調子が良くなく、いつも薬持参となってしまいます。うまく付き合っていくしかないですね。
Commented by Sayaka at 2011-02-28 07:40 x
セザール、私達も見ました。サラ・フォレスティエは、ベビーフェースにべピーピンクの口紅がよく似合ってて可愛かったけど、彼女が賞をとったときに思ったのは、「ああ、これでジャック・ガンブランは男優賞をとれないな」ということだったかも……。
Commented by g at 2011-02-28 09:03 x
正面よりも後姿がかわいいですね笑
切ない背中・・ 光の加減かな・・輪郭がぼやけてるのも味がありますね笑
Commented by Qtaro-mama at 2011-02-28 22:11
>Sayakaさん
22時過ぎに見始めたので、結果は既に出てるのかと思ったら、まだまだ技術部門の発表をしてたのでビックリしました。遅れて始まったのかしら?そして授賞式は全く面白くなかった。
サラ・フォレスティエの受賞は私には意外だった。これはもしかして審査委員長がジュディ・フォスターだったのと関係がある?ジャック・ガンブランはこれから何度も何度もチャンスがあるので大丈夫よ。
Commented by Qtaro-mama at 2011-02-28 22:13
> g さん
確かに輪郭がぼやけて見えますね。光の加減かな?
ネズミを取るのが得意なんですよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。