モンパルナス

「ブライト・スター」「ミスター・ノーバディ」

テレビで見た映画です。

f0035251_5403293.jpg

ブライト・スター
監督:ジェーン・カンピオン

全く予備知識なく映画を見始めるというのも、私の場合、少なくないです。これも、そんな作品の1つ。

早い段階から、主役の女性が「キーツ」という男性に好意を持ってるらしきことが分かりました。このミスター・キーツは「詩人」の様子。

えっ?詩人?キーツ?

もしかして、これはジョン・キーツの話し?

ちょっと前、Q太郎に聞かれました。

「日本にもポエムってあるの?」

「もちろん、あるよ」

「お母さん、何でも良いから日本語のポエム言ってくれる?」

「・・・・・・」

暗唱出来るものが1つもありません。

この通り、私は詩が苦手というか、「韻を踏む」生活とは関係ない所で生きてきました。それが理由からか、この映画の良さみたいのは全然分からなかったです。


f0035251_5405969.jpg

ミスター・ノーバディ
監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル

前作の「八日目」から13年ぶりの作品だそうです。

シナリオ本が出た時から注目していて、結構期待してたのですが・・・

好き嫌い分かれるかもしれません。映像は凄いけど、私はテレビの前で珍しく眠くなりました。
by Qtaro-mama | 2011-01-27 07:39 | 映画 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/15401816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chorusmama at 2011-01-27 12:06 x
宮沢賢治の「雨にも負けず」なら大丈夫、一瞬忘れただけですよ。それにしても外国は詩の暗誦多いから大変ですね。和歌・短歌・俳句で好きな恋の歌とか、ハイカラさんが通るの「瀬をはやみ岩にせかるる滝川の割れても末にあはんとぞ思う」なんてフランス人好きそう?祖母が俳句雑誌に投稿してたって、国会図書館で探してみようかな。
Commented by mohariza6 at 2011-01-27 12:57
外国語(英語なんか)は、音の韻を踏む詩が多く、聴きやすいものが多いです。(最近の歌詞は、踏んでないものもあるようですが・・・。)

日本の詩も、韻を踏むものもありますが、〔a,i,u,e,o〕の韻は、簡単な筈で、そんなに難しいくは無いはずなのに、あまり多くないのは、不思議です。
Commented by Qtaro-mama at 2011-01-27 22:36
>chorusmamaさん
「雨にも負けず」も読んだことありません。
今朝もQ太郎は宿題の詩の暗唱をやってましたが、子供は覚えるのが早いので、あまり大変じゃない様子です。
Commented by Qtaro-mama at 2011-01-27 22:39
> mohariza6さん
コメントありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。