モンパルナス

アレックス・チルトン 「キュービスト・ブルース」

最近、料理をしてる時に音楽かける事が多くて、聴いてるCDの事とかちょこちょこっと書きたいなぁとも思うのですが、なんとなくアレックス・チルトンの死以来、音楽のことが書きづらくなったというか、自分でも複雑な気持ちなのです。

それで、12月といえばアレックスの誕生月でもあるので、これから音楽の事を書くきっかけにもなるよう、彼の作品を1枚紹介したいと思います。

f0035251_621889.jpg

アラン・ヴェガ、ベン・ヴォーン、そしてアレックス。この三人がたった二日間で作ったアルバムが、この「キュービスト・ブルース(Cubist Blues)です。

どういった経緯でこの三人が集まったのかは分かりません。それぞれが、もの凄い才能と強烈な個性を持ったアーティスト達です。

1度、彼らのライブを見たことがあります。「ヨーロッパで1回限りのコンサートだよ。日本から来る?」と声をかけてもらいました。たまたまその時期、友達とのスイス旅行を計画してたというのもあるのですが、なんとなく後悔したくなくて「絶対行くよ」とすぐに返事をしました。

コンサートが行われたのは、フランスの地方都市「レンヌ(Rennes)」でのロックフェスティバル。12月のとっても寒い時期に行われるものでした。

チケットはソールドアウト。とにかく「日本からはるばる来て良かったぁ〜」と涙が出そうなくらい良かったのを覚えてます(詳しいことは寒さで記憶が飛んでます)。

なぜ1回限りの出演だったかというと、メンバーのベン・ヴォーンがその当時かなり売れっ子で、多忙だったから。アメリカから着いた翌日にコンサート、その翌日はインタビュー、その次の日に全員帰国・・・そんなスケジュールでした。

それで、2日目のインタビューは、ベン・ヴォーンとアラン・ヴェガに任せて、私とアレックスは友達に観光に連れて行ってもらいました。行き先は、「サン・マロ(Saint-Malo)」。

夏は観光客で賑わってると思うのですが、12月は人もまばらで、それが何とも言えず良かったです。
by Qtaro-mama | 2010-12-23 06:09 | アレックス・チルトン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/15182399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。