モンパルナス

パリのベテラン小児科医

昨日は急にQ太郎パパに予約を入れられて、18時にO次郎を連れて小児科へ。

O次郎のかかりつけの小児科医、検診とか予防接種とかでしか行ったことありませんが、毎回、18時とか18時半とかそういう時間での予約。他の小児科医はどうなんでしょ?どこでもこんなに遅いものなんでしょうか?(多分、昼間は別の所で働いてるからだとは思うのですが・・・)

先生は、もの凄いおじいさん、ちょっと耳が遠い。良く言えばベテラン。O次郎の事も、自分の孫を見るような態度で接してくれる。

今日は予防接種が目的だったけど、O次郎が1歳になったという事で、「大切なお話し」があった。


「おかあさん、良く聞いて下さい。これからの1年は本当に大変だと思います。わがままを言って泣いてたら、そのままにしてしばらく様子を見なさい。食べたくないと食事を拒否したら、次の食事まで食べさせなくても良いでしょう。今の時期は絶対に目を離さないで下さい。どんなイタズラでも平気でしますよ。食べ物はもう全て大人と同じものを与えて大丈夫です。

これからの1年は本当に大変な時期になるはずです・・・」


こういったアドバイスをくれる小児科医って初めてだったので、とてもありがたく感じた。言ってることは本当にごく当たり前の事だけど、実際に言葉にして言われると重みが違います。そしてQ太郎が小さかった時のことを思い出しました。Q太郎を育てて感じたのは、1歳代にある程度、厳しく育てると(ルールを決めてしまうと)、その後に来る「魔の2歳児」時代がちょっと楽になるという事。O次郎にも同じことが通用するかは分からないけど、危ないこととか、やってはいけない事とか、食事のルールとかは既に何度も何度も注意してる毎日です。

そして、食事は大人と同じものが大丈夫と言われましたが、それはlegumes secs、いわゆるレンズ豆やヒヨコ豆のようなもの以外だそうです。多分、ああいう豆って、赤ちゃんにはまだ消化しづらいのかもしれませんね。


f0035251_17182724.jpg

年齢は1歳ですが、プチバトーのボディ(下着)は、2歳(24ヶ月)を買い始めました。袖はちょっと長いけど、全体的に大き過ぎるということはありません。
by Qtaro-mama | 2010-11-25 17:32 | O次郎 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/15043331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by photoquirit at 2010-11-25 20:08
実は昨日、ママさんとQ太郎&O次郎君をお見かけしました。ちょうど18時頃だったかもしれません。急いでいるようだったので今回は遠くから拝見していました(笑)。3人の姿が家族って感じで、ちょっと温かい気持ちになりました。
Commented by efendi at 2010-11-26 01:34
良いお医者さんですねぇ、親身になってくれるという言葉がぴったり。
でも18時以降に診察してくれるってのは普通外来?パリはこういう時間にも診察可能なんですか?とても便利ですねぇ。
子供の躾は小さい頃にきちんとするとその先が楽、親の根気も必要ですけどとても納得できるお話でした。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-26 05:34
>photoquiritさん
うわぁ、本当に見られてましたね。ちょうど18時2、3分前じゃなかったですか?わたし、疲れた顔をしてましたよね(笑)。
昨日は夕方からオペラ方面に行ってて、帰りは歩きたいというQ太郎の希望を聞いて、家まで歩いて来たのです。17時半過ぎにクタクタになって家に着いたところ、Q太郎パパから仕事が終わらないと電話が来まして・・・1度脱いだコートを再度着て外出したわけです。
ああいう顔をしてましても、おしゃべりする位の余力はありますので、次回はお時間ありましたら声をかけて貰えると嬉しいです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-26 05:44
> efendiさん
パリは基本的に全て予約制です。私なんか予約の電話をかけるのが苦手なので、便利なような不便なようなという感じですよ。
まだ小さいから言っても分からないという事はないですね。O次郎は、Q太郎パパに叱られるとすぐに直し、私に言われると、ただニヤニヤしてる・・・もう既に相手を使い分けてます。
Commented by miam_miam_miam at 2010-11-26 19:14
Q太郎ママさん、こんにちは。
うちの小児科医も父子でお世話になってるおじいちゃん先生です。
もう60歳を越えているせいか、17時から21時までしかしていません。
そして予約は一切受け付けないのでいつも直接行ってます。
よく遅刻するし、耳が遠いし、すぐ言った事わすれちゃうし、で
何度も違うところに行こうと思いつつ、何だか離れられない先生です。
大切なお話、私も心に留めておこう。
↑チーズのチョコレート、私も以前食べました^v^
冒険しないおうちの人からはえーっという目で見られたけど。。。
私はシェーブルのが一番好みでした♪
そしてパトリック・ロジェ・・・本当に美味しいですよね。
こうやっていつまでもチョコレート熱が下がりそうにありません。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-27 01:30
>miam_miam_miamさん
予約を受け付けてないって、パリだと珍しいですよね。耳が遠いのと言ったことを忘れちゃうって、同じで笑っちゃいました。うちの先生の測る身長とか体重なんかも絶対正確じゃないと思います。
チョコレート、Q太郎パパもlimit bizarreだそうです。それより説明書の隣に載ってたchocolats dynamiquesを味見してみたいと言われました。そして私もシェーブルが美味しいと思いましたが、pont evequeも同じようにシェーブルの味がして?と思いました。でも、こういうチョコレートを作ってしまうショコラティエって凄いなと思い、もっとエヴァンのチョコレートを買ってみようと思わされましたよ。
Commented by photoquirit at 2010-11-27 06:06
ママさんが必死なのに、Q太郎君がぴょんぴょん跳ねて歩いていて、O次郎君は足をばたばたさせている光景が何だか邪魔をしてはいけないような気になってしまいました(笑)。次回は是非!お話しできたら嬉しいです!
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-27 18:53
> photoquiritさん
こちらのコメントに笑い過ぎてお腹が痛くなってしまいました。
O次郎もよく足をバタバタさせてます。私はいつもボーッとしながら歩いてますので、もし私たち3人を見かけましたら手を振って下さいね。よろしくお願いします。
Commented by かよ at 2010-11-29 02:26 x
うちも「魔の2歳児」は無かったんですよ~。
そしてきちっとルールを決める事に賛成で~す!

産まれた時から「半分っこ」「順番」「食べる時はお座り(私は歩き食いしてるくせに。おほほ)」「2度目に悪い事をしたら廊下にお座り」などなど昨日は良いとされていた事が今日はダメ!とか「パパは良いって言ったのになんでお母さんだとダメなの?」とかならないように常に2人に同じルールでやってきて子供達が理解しやすかったのはともかく、ルールを置く事によって私の子供に対しての対応がクリアになって私が楽だったのも確かです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-29 06:27
> かよさん
「魔の2歳児」なかったんですか!Q太郎はしっかりありましたよ。でも1歳代で決めてあった「ダメな事」は、2歳になっても「ダメはダメ」と通せて、自分ではそういう部分は楽だったと思ってます。
「食べる時はお座り」、これは現在、O次郎に毎回言ってることです。Q太郎はイスの上に立つという事は全くありませんでしたが、O次郎は立ちまくり。兄弟でも双子でも正確などが全く違うことがあって、不思議ですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。