モンパルナス

iTunesで映画レンタル開始

このブログについて一言。

いつものように書きたいことは色々あるのですが、最近、子供たちが寝た後のかなりの時間を、映画鑑賞の方に割いてまして・・・ブログが思うように更新出来ません。それで、自分ではちょっと嫌なのですが、映画とおやつの事、子供たちとQ太郎パパの料理など・・・1つの記事に色々な話題がミックスした形になる事がこれから多々あると思います。しばらくは見づらくなるかもしれませんが、ご了承下さい。


f0035251_4582058.jpg

シャッターアイランド
監督:マーティン・スコセッシ

iTunesで映画レンタル開始というニュースを見まして・・・さっそく試してみました。

凄いですよね。これぞ私が待ってたものです。

フランス暮らしで何が不満かって、日本の映画が自由に見れないこと。それでも私はDVDで見てる方だとは思うのですが、それでも物足りない。もっともっと見たいのです。

iTuneでレンタルしたのは、スコセッシの「シャッターアイランド」。日本語吹き替え版しかなったけど、とにかく楽に見れるものを選びたかった。ダウンロードは思ったより簡単。新作なのでレンタル料金400円。日本のTSUTAYAで借りるような感覚でしょうか。店舗に行く手間がないので、もっと楽かな。

レンタル出来る作品のラインナップを見ると、結構、昔の邦画も多い。新作は旧作含め、作品はもっともっと増えていくはず。私にとっては、本当に本当に嬉しいサービスです。

「シャッターアイランド」は、私はかなり楽しめました。ストーリーとか全然知らないで見たからかな。途中、サミュエル・フラーの「ショック集団」を思い出したりもしました。

f0035251_5233713.jpg

今週、図書館から借りて来たのは、韓国の監督、ホン・サンスの初期3部作のDVD。デビュー作の「豚が井戸に落ちた日」、日本未公開の2作目、そしてこの「秘花 〜スジョンの愛〜」。

この監督の作品、いままで完全にノーチェック。とにかく1本目から驚かされました。今まで自分が知ってる韓国の監督とは全く違う作風。そしてそれが私好み。評価は低いかもしれないけど、2作目が何とも言えずに良いんですよねぇ。

そして上に写真を載せた3作目。これ、日本でのタイトル、ひどいですね。このDVD、amazonだとアダルトのコーナーにあるんですよ。こういったイメージの作品では決してありません。

とにかく、今まで見逃してたこの監督の作品を、これから追いかけて行きたいと思ってます。
by Qtaro-mama | 2010-11-14 06:12 | 映画 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/14976622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maisey at 2010-11-14 09:33
iTunesで映画レンタルって、良い時代になりましたね。
私も後でチェックしてみます。
我が家は映画やテレビ番組はもっぱら無料ダウンロードで観ていますが、今夜こちらで知ったLa graine et le mulletを観ました。
字幕がなかったのでぶわーっと早口で話されると分からないこともありましたが、私たち自身こちらで農業を始めるにあたって役所のたらいまわし状態を経験したので激しく感情移入!!(笑)
それで知らないうちにぐんぐん引き込まれて、温かくて、切なくて、セクシーで、生のエネルギーに満ちていて、とにかく素晴らしかったです。
まさに興奮醒めやらず...!(投稿時間で分かりますよね?・笑)
いつもQtaroママさんの映画情報・批評、参考にしています。
ありがとうございます♪
Commented by Toto at 2010-11-14 09:37 x
シャッターアイランドは映画館で観ましたが、私も面白いと思いました。まずスコセッシ監督のデカプリオへの愛を感じました。
デカプリオが島に乗り込んでいくところ、かっこよかったですよね。
あとで思えばとてもこっけいなシーンなのですが。
ベン・キングズレーの怪しいことといったら・・・
あれなくしてあの映画の成功はなかったといっても過言ではないほど。あの類の映画をあまり観ていないからか、予備知識なく観たからか、私は”なるほど!”と感心しましたよ。
”裸の王様”みたいでしたよね。
嫌いじゃなかったです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-15 05:39
>maiseyさん
無料ダウンロードも色々ありますよね。慣れだと思うのですが、パソコン上で映画を見るのが苦手で今まで利用してなかったのです。今回はapple tvというのを買って、それで家のテレビに写してレンタルしたものを見ようと思ってたのですが、我が家の古いテレビにはそのapple tvが対応してないようで・・・ちょっとガッカリしてます。
ところで、La graine et le mulletをご覧になったのですね。自分が好きな映画の感想をこんな風に書いて頂けるととても嬉しいです。フランス語が分かってないのは自分も同じです。それでも不思議な事に、彼らの表情から何が起こってるか分かってしまう。おっしゃる通り、生のエネルギーに溢れてました。
そして役所のたらい回しに感情移入という所、ちょっと笑ってしまいました。
こういう作品が、ずばりセザールの作品賞を取ってしまうフランス映画界は凄いなと、やはり思ってしまいます。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-15 05:55
> Toto さん
特に今回は、日本語吹き替え版で見たので、疲れることなく楽しめたのもポイントかもしれません。
タイトルのシャッターアイランドからは、ああいうストーリーは全く想像出来ませんでした。
Commented by dandanjunjun at 2010-11-15 10:45
Qママさんが好きだと書いてらっしゃったイム・グゥオンテクを2本観ました。「風の丘をこえて」良かったです~~。ホン・サンスは初期のこの作品観てないです。私の中でもちょっと違った感覚を持つ監督というイメージ。それにしてもいろんなものが図書館で借りられるますね。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-15 21:49
>dandanjunjunさん
「風の丘をこえて」なんですね。今のいままで「丘の上をこえて」だと思い込んでました。「将軍の息子」シリーズが韓国ドラマの原点という感じで気に入ってます。
ホン・サンス、最近もいくつか新作がありましたが、予告を見ただけでも面白いのかどうなのか・・・という雰囲気の作品ですよね。世の中には、まだまだ知らない面白い監督がたくさんいるんだなぁとあらためて思いました。
Commented by naoaoi8 at 2010-11-16 21:52
わたしもついさっきメールを開いて知りました。
先日TSUTAYAで借りたfameという映画がディスクエラーで見られず、こういった方法で見れたらなぁって思ってたので、嬉しいです。
映画の内容も段々増えそうですね。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-17 01:52
> naoaoi8さん
今日行った図書館で、たまたま「fame」のDVDを目にしてたところでした。偶然!
TSUTAYAと同じ料金だったら、利用価値高いと思いますよ。外に出なくて良いのですから!私は昨日、2本、ダウンロードしました。
Commented by Thara at 2010-11-18 00:20 x
シャッターアイランドは日本語吹き替えのほうが、自分に相応だったような気がします。たまに、ありますよね・・・自然に耳に入る台詞って本当にありがたいです。
個人的に、この映画のどこに一番驚いたかといいますと、幼少期のアイドル(=短期間)、ジャッキー・アール・ヘイリーが出演していたことでしょうか。あまりにも衝撃的でしたので、オリジナルの『がんばれベアーズ』を観返してしまったほどなんですよ。しかしウォルター・マッソーは良いですねぇ。

それと・・・
papaさん視点の蚤の市のお買いもの、とても興味深いです。今度、私も中欧の蚤の市に繰り出しますので、papaさんのようなお買い得品に巡り合えたら良いなぁ、と思っています。
Commented at 2010-11-18 00:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-18 06:34
>Tharaさん
私もこの作品は、日本語字幕または吹き替えで楽に見たいと思ってました。しかし、吹き替えのデカプリオの台詞が、やけに横柄なのです。吹き替えってこうなんでしょうか?それとも字幕自体も同じなのかな?見てて違和感を感じたことでした。
「リトル・チルドレン」という作品はご覧になりましたか?何年か前の作品ですが、ジャッキー・アール・ヘイリーが出ていて、役柄と共に結構ビックリしました。でも私は「がんばれベアーズ」の内容が全く思い出せません。もしかしたら見てないのかも・・・。もちろんウォルター・マッソーも覚えてません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。