モンパルナス

フランソワ・オゾン 「しあわせの雨傘」

f0035251_595783.jpg

Potiche(しあわせの雨傘)
監督:フランソワ・オゾン

昨日から公開されたこの作品。朝一番(11時)に見に行ったら、大きな劇場が結構な人で埋まってる。そして、おばさまマダムの数が圧倒的に多い。

マダムたちの目当ては、フランソワ・オゾンではなく、多分、カトリーヌ・ドヌーブ。たしかに彼女が物凄く良かった。堂々の主役、女王様って感じ。これでセザールの主演女優賞とか狙えますよ。

話しも可笑しいし、70年代のデコレーションや洋服なんかを見てるだけで楽しい。オゾン好きだ〜と声を大にして言いたい。

予告とか見ずに、予備知識なく行く事をお薦めします。
by Qtaro-mama | 2010-11-12 05:46 | 映画 | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/14965061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miam_miam_miam at 2010-11-12 09:20
私も今日、見にいきました。
マダムにムッシュもたくさんでした。
一緒に笑ってきました^v^
フランソワ・オゾンって映画によって全然雰囲気が違いますね。
まぼろしや僕をおくる、また見たいなぁ。

Commented by dandanjunjun at 2010-11-12 10:09
figaro japon の今月号でアルノー・デプレシャンのUn conte de Noël とこのフランソワ・オゾンの作品が載ってました。どちらもカトリーヌ・ドヌーブか~~と思っていたところです。早く観たい。これはもう少しで観られるってことですね。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-12 22:51
> miam_miam_miamさん
お仲間がいて嬉しいです。
そう、ムッシュもたくさんいましたね。ついニヤニヤしてしまう場面、結構ありましたよね。
オゾンの一番好きな作品って何かなぁと考えてました。「まぼろし」はかなり上位にランキングです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-12 22:55
>dandanjunjunさん
そういえばどちらもドヌーブですね。まだまだ若い(?)監督からも支持される素敵な女優ということだと思います。「Un conte de Noël 」はちょっとフランス語が難しくて(お父さんのフランス語が聞き取れない)ストーリーが分かりづらかったので、また見たいです。
Commented by Toto at 2010-11-13 03:46 x
いや~、これは超テンション高めです!すご~く面白かった!カトリーヌ・ドヌーブに元気もらえました!!!ブラボ~!!!彼女はやっぱりお姫様!!!
>話しも可笑しいし、70年代のデコレーションや洋服なんかを見てるだけで楽しい。オゾン好きだ〜と声を大にして言いたい。
これ、まさに私の感想!彼女の息子役のジェレミー・レニエは、髪型、ファッションや仕草など、クロード・フランソワをイメージしているのではないかと思いました。
役者たちのやや芝居がかった演技が笑えましたし、とにかくみんな役者!音楽も70年代風で久々にサントラがほしいと思いました。気持ちよかった!
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-13 08:21
>Totoさん
面白かったですよねぇ〜。
カトリーヌドヌーブは王女さまじゃなくて、お姫様という言葉の方がぴったり来るかも。
ジェレミー・レニエ、たしかにクロード・フランソワです。似てます(笑)。彼すごく良かったです。
フランソワ・オゾンって、普段、賞レースと関係ないところをいってますよね。今年こそ監督賞とか取って欲しいと思いましたが、他にも強豪揃いでまだちょっと分かりませんね。
Commented by Toto at 2010-11-13 09:17 x
ジェレミー・レニエ、仕草がおかまっぽくておかしかったですよね。ありゃ、オゾン監督気に入ったでしょう。次回作にも出ていたりして。(爆)ドヌーブは髪型といいファッションといいとても似合っていました。私の中で一番かわいいドヌーブだったかも。最初赤いジャージーだったのに、最後の方で青になっていたのは、すっかり夫から独立したことを意味していたのかなと思いました。セルジ・ロペスも笑いました。彼もはまり役!(爆)役者みんなそれぞれによかった!最初の方でドヌーブが着ていたエプロンもステキでした。部屋の壁紙も70年代風だったし、音楽も古いフランス映画のようで、オゾン監督のセンスを感じました。作っていて楽しかったでしょうね!観るほうも幸せな気分になる映画でしたよね。
ドヌーブ、中年体型にはなりましたが、脚がきれいでしたね。歌も上手でした。今更ながらドヌーブに目がハートです!
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-14 00:31
> Totoさん
ジェレミー・レニエは昔のオゾン作品にも主役で出てましたよね。大人の男性役も堂々とこなして、本当に良い役者になったなぁとつくづく思います。
ドヌーブのジャージの色は気づきませんでした。
セルジオ・ロペスの登場は、1つの山場でしたよね。
Commented by Toto at 2010-11-14 01:52 x
>セルジオ・ロペスの登場は、1つの山場でしたよね。
”山場”という言葉に受けてしまいました。でも本当にそうですよね。あの場面、あんなところに置いていくかなあ、普通・・・と思い、トラックが止まっても運転手の顔が出てこなくて、乗ってしばらく顔見せませんでしたよね。もしや・・・と思いきや期待に背かず、だったので思わず笑ってしまいました。せりふなかったですよね?あれであの存在感はすごい!(爆)あの映画を観て以来、場面場面を思い出してはまだ余韻に浸っています。すっかりドヌーブファンになってしまいました!ジェレミー・レニエ主演の昔のオゾン作品って知りません。なんていう題名ですか?
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-14 06:39
>Totoさん
ジェレミー・レニエが出ていたのは「クリミナル・ラヴァーズ」です。オゾンの昔の作品をいろいろ見直したくなりました。
Commented by march321k at 2010-11-14 06:52
遅ればせながら・・ですが、おもしろかったんですね^^)こちらも次回のお楽しみにしたいと思います♪
 ところで、この映画の直前ぐらいに雑誌のtetuにカトリーヌヴドヌーブとマッチョなゲイ(笑)が表紙のが出てましたが、このタイミングって映画となにか関係があるのでしょうか・・あの組み合わせものすごくわたしには衝撃的だったのですが(笑)
 ところで、こちらも遅くなりましたがダンシングドリームとてもよかったです。最近観たなかで一番いいかも。やはりわたしも誰かに紹介したくてブログで簡単に書こうかと思っているのですが、写真がQtaro-mamaさんのようにうまく貼れません。だいたい映画のHPに張ってあるものは小さくて、それを拡大コピーすると画像もあらくなるし、いつもどうされているのか、よかったら教えてくださいね。
Commented by Toto at 2010-11-14 07:26 x
”クリミナル・ラヴァーズ”は未見です。オゾン作品で私が見たのは”スイミングプール””二人の分かれ道””焼け石に水””8人の女””僕を葬る”とかかな。見ていないのがけっこうありますね。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-14 18:22
>march321kさん
私も散歩の途中でtetuの表紙を見ましたが、てっきりヴァンサン・カッセルだと思い込んでました。ゲイ雑誌だと知らなかったです。ドヌーブのこのタイミングは、もちろん映画のプロモーションですよね。特にゲイ雑誌だったら、オゾン作品大歓迎だと思います。
ダンシングドリーム、特に映画館で見ると良いですよね。画像は私はいつもallcineのサイトから取ってます。Photoの所にたいていありますが、見つからない時は、ポスター画像をクリックすると大きくなる事が多いですよ。かなり大きいのでそれを小さくして使ってます。
http://www.allocine.fr/film/fichefilm-181245/affiches/detail/?cmediafile=19439513

もしこれで上手くいかない場合は、この私のサイトから画像だけ取ってもらって(デスクトップの上にコピー)OKですよ。サイズさえ気にしなければこちらの方が簡単かな。
Commented by Toto at 2010-11-15 15:37 x
もう一度観てしまいました。ルキーニが戻ってきてドヌーブにブレスレットを渡したとき、ナデージュにあげていた物、なんていうお菓子かご存知でしたら教えてください。それとドヌーブとドパルデューが行ったクラブの名前って何か意味ありますか?アップになったのではっとしたのですが、覚えられなかったので。あとドヌーブが「笑顔がステキ!」と息子に苗字を聞いていた人は彼女の昔の浮気相手の息子さん?昨日の方が観客も反応のいい人たちで。ドパルデューとジェレミー・レニエが二人っきりでソファーに向かい合って座っているところがパッと映っただけで爆笑だったのですが、あそこって絵的におかしかっただけであまり意味なかったですよね?クラブで二人が踊るところ、ドパルデューがアップになったら爆笑が起き、私も思わず噴出してしまいました。ジュディット・ゴドレ-シュも相当作ったキャラでしたよね~!愛人がいたという話もオープンであの辺もおかしかったですよね。2回観ても楽しめました。隣に座っていたマダムが、「ドヌーブはあまり好きではなかったのですが、今回で好きになりました。オゾン作品はやっぱりいいですね。」と話していらっしゃいました。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-15 22:54
>Totoさん
好きな作品は、何度でも映画館で見たいですよね。Totoさんが疑問に思ってるところ、私も良く分かりません。ごめんなさい。テレビで放映されたらもう一度見てみますね。
ドヌーブはドパルデュー同様、最近もとても良いと思います。今回は特に素敵でした。
Commented by Toto at 2010-11-16 02:52 x
若い頃にきれいとかハンサムとかいう俳優はたくさんいると思いますが、年を重ねて尚一層味が出てくるというのは、名優の定義なのかもしれませんね。ステキですね!ドヌーブが詩を作ったり、カーラーを巻いたままジョギングしているのも可笑しかったですね。動物たちを観察しているときの表情の一つ一つがかわいくて!あれだけでやられました。
あの映画、色々な要素を盛り込んでよく出来ていますよね。娘の家庭問題についても夫本位な感じが女性解放からほどない頃を感じましたし、考え方も当時のままですよね。だからこそドヌーブの目覚めに感動を覚えるんですよね。きっと。あれは名作ですよ~!
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-16 16:43
> Totoさん
フランスは俳優の幅が広いなぁと日頃から思ってます。若くても良い俳優さんたくさんいますよね。
今年度(来年)のセザール賞、楽しみですね。主演女優賞、とりますかね?
Commented by Toto at 2010-11-16 23:09 x
もしドヌーブが主演女優賞を取ったら”インドシナ”以来3度目ですか?!アジャーニの5回っていうのもすごい話ですが。”Des Petits mouchoirs"も観たいのですが、もう終わってしまうかな。観られました?"Il reste du jambon"はここら辺でやっていないんですよ。あれも観たいんですが。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-17 01:53
>Totoさん
Il reste du jambonは興味ないけど、Petits mouchoirsは気になってます。次の週末辺り、時間があったら考えてみようと思ってます。
Commented by Toto at 2010-11-19 06:29 x
petits mouchoirsはぜひ観てください!うちの近くの映画館では明日以降夜遅くの回しかなくなってしまうらしいので、あわてて観に行ってよかった!若手もやるじゃん!と思いながら帰路に着きました。ご覧になってからコメントを書かせていただきますね。
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-19 21:48
> Totoさん
見に行かれたのですね。ギョーム・カネは前作も良かったですよね。
見に行くかどうか、ちょっとまだ決めてません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。