モンパルナス

デヴィッド・フィンチャー 「ソーシャル・ネットワーク」

f0035251_2555631.jpg

ソーシャル・ネットワーク
監督:デヴィッド・フィンチャー

SNSサイト「Facebook」の誕生物語。予告編を見ても何も感じなかったというか、まさかデヴィッド・フィンチャーの新作だとは思わなかった。

上映時間は2時間だけど、「疲れた」というのが見終わってすぐの感想。冒頭から展開が早い。久しぶりに、日本語字幕(吹き替え版)で楽に見たいと思った。

シナリオも良く書けてるし、監督も上手くまとめてると思う。

何か1つ手放しで楽しめなかったのは、私が「Facebook」に参加してないから?ソーシャルネットワーキングサービスと呼ばれるものは、何もやってません。私にはこのブログだけ。

でも出演者はみんな良かったです。特にエドゥアルド役のアンドリュー・ガーフィールド、どこかで見たと思ったら、「BOY A」の主役の子で、次回のスパイダーマンだそうです。



by Qtaro-mama | 2010-10-17 05:25 | 映画 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/14804385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Toto at 2010-10-17 13:18 x
こちらの予告編ってまったく映像のないものじゃなかったですか~?どんなものなのかまったくわからず、観ようかどうしようか迷っていたのですが、近く観てみようと思います。観たらまた感想を送りますね。
Commented by Qtaro-mama at 2010-10-18 04:22
>Toto さん
私が見たのは、上に張った映像(日本版)と同じものでしたよ。
感想、楽しみにしてます。
Commented by Toto at 2010-10-18 07:32 x
そうですか。うちのパソコン、7月から調子が悪くて息も絶え絶え・・・って感じなので、時々見られないものがあったりします。きっとそのせいでしょう。Q太郎ママさんが貼ってくれたものはなぜか見れたのでよかったです。今日は時間の関係でこの映画より先に"Elle s'appelait Sarah"を観ました。重い題材、でもよかったですよ。
Commented by dandanjunjun at 2010-10-18 10:26
苦手分野ではありますが(笑)、「BOY A」の主役の子なら観てみたいです。しかし・・・スパイダーマン なんですね(笑)
Commented by Qtaro-mama at 2010-10-18 21:13
>Totoさん
「Elle s'appelait Sarah」は重そうだなぁと思いながら予告を見ました。でもクリスティンスコットトーマスは大好きです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-10-18 21:15
> dandanjunjunさん
どの辺が苦手ですか?若者がいっぱい出てくる作品?それともデヴィッド・フィンチャーかしら?
彼のスパイダーマン、かっこよさそうですよ。ちょっと楽しみになってきました。
Commented by Toto at 2010-10-19 04:51 x
クリスティンスコットトーマスが好きならぜひ!私も重そうだなと腰が引けましたけれど、彼女主演なので観に行きました。原作は読んでいないのですが、大変よくできた脚本?原作?だなと思いました。重いけれど退屈せず、最後はへえっ~。なるほど!」血の気が引き、納得しました。観たらわかると思います。
Commented by Qtaro-mama at 2010-10-19 05:25
> Toto さん
残念ながら時間がなくて、この作品は見に行けそうにありません。テレビで楽しみますね。
今、楽しみにしてる作品は「Venus noir」です。評判が気になります。
Commented by Toto at 2010-10-21 04:32 x
今日"The Social Network"を観てきました。デヴィット・フィンチャーの作品なら他のものの方が私は好きです。アナログ人間なのでちょっと難しかったかな。主人公に感情移入できなかったのもあるかな。ティンバーレイクも出ていたんですね。観るまで知らなかったのでちょっとびっくり!俳優はそれぞれよく演じていてよかったと思いました。
Commented by Toto at 2010-10-21 16:15 x
今日本の友人に昨日の映画の感想を書いたら、整理できたのでまた書かせていただきます。英語が早口で聞き取りにくかったことと自分がFacebookをやっていないからかわからないことが多かったこと、正直なところ主人公に感情移入できませんでしたし、終わったときは?って感じでした。ただ若い俳優たちがそれぞれのキャラクターをうまく演じていたことやストーリーがテンポ良く展開されていく様が、面白かったといえば面白かったですが・・・
アカデミー賞狙いか?という勢いのある作品ではありましたよね。
アンソニー・ミンゲラ監督の息子さんとジャスティン・ティンバーレイクが出ているのを観るまで知らなかったのでちょっとびっくり!
映画の中のパーティーシーンで、今時のアメリカの若者にとってSEXやドラックがこんなに簡単なものなのかとそちらも疑問でした。
しかもハーバードという名門校で、ですよ。
”数人の敵を作らずして5億人の友達を得ることはできない”がキャッチフレーズのようですが、あれよあれよと仲間を出し抜いていく感じもなかなかなじめず・・・
アメリカンドリームに無縁な者には理解しがたいところがいっぱいあるのかもしれませんね。

Commented by Qtaro-mama at 2010-10-21 16:32
>Totoさん
読ませて頂いて、多分、全体的には私と同じような感想なのかなと思いました。英語の早口の洪水で久しぶりに疲れました。ミンゲラ監督の息子はちょっと前に別の映画を見てたので分かりましたが、ジャスティンティンバーレイクは人気があるようですが、どういった人なのか良く分かりません。
ちなみに、私がデヴィッド・フィンチャーで好きなのは「ゾディアック」です。
Commented by Toto at 2010-10-21 21:30 x
何かで読んだのですが、マーク・ザッカーバーグという人は実際に早口なのが特徴のようで、タイムを計ってせりふを早く言う練習をしたとか。そりゃ~わかんなんでしょ~!それでなくてもわからないのに・・・(爆)しかも出てくる用語が苦手分野とくればもうお手上げですよね。ミンゲラ監督の息子は”つづり字の季節”とか"Agora"に出てましたね。ハンサムじゃないけれど印象的な俳優さんですよね。ティンバーレイクって私もスクリーンで見るのはこれが初めてです。ミュージシャンの印象が強いですよね。というか”キャメロン・ディアスの元彼”として存在を知ったように思います。
若者の中にいるとさほど若くないように感じましたが。東洋人の女の子(エドアルドのガールフレンド)は娘がいつも見ているディズニーチャンネルに出ている人でしたが、ああいう東洋人女性の扱われ方ってちょっと不愉快でした。脚色している部分も多いのでしょうけれど、ちょっとあれはいただけませんね。”ゾディアック”はまだ観ていませんのでそのうち観てみたいと思います。
Commented by Toto at 2010-10-21 21:33 x
ミンゲラ監督の息子さんってなんとなく出たての頃のキリアン・マーフィーとイメージがダブります。顔がそっくりとかではないけれど、どうしてだろう?それで好みじゃないけれど、あとあと何かやってくれそうな期待感があります。キリアン・マーフィーも好みじゃなかったのに好きなので。
Commented by Qtaro-mama at 2010-10-22 04:12
>Totoさん
今回、英語の台詞が早く感じたのは、完全に私の能力不足で、作品のせいだとは思ってません。日本語字幕などで見てれば、また違った感想を持ったのかもしれませんね。
マックス・ミンゲラの作品、挙げて頂いた2本は未見です。キリアン・マーフィは私も大好きな俳優の1人です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。