モンパルナス

黒澤明 「生きものの記録」

先週、図書館から借りて来たDVD3本について簡単に感想を。


サラーム・ボンベイ 監督:ミラ・ナイール
1988年の作品だそうです。当時見てたら、もっとインパクトがあったかなぁ。
ミラ・ナイールで特に好きなのは「モンスーン・ウエディング」。そういえば「その名にちなんで」も彼女の作品でしたね。


f0035251_6403038.jpg

砂の器 監督:野村芳太郎

未見だと思って借りて来たけど、ストーリーをかなり細部まで覚えてる作品でした。どこで見たのか全く思い出せないところが歯がゆい。個人的には、同じ監督の「鬼畜」が忘れられない。allcinemaのコメントを読んでたら、また見たくなりました。


f0035251_5553672.jpg

生きものの記録 監督:黒澤明

反戦映画といっていいのでしょうか?黒澤が、原爆をテーマにした作品を作ってたなんて全く知りませんでした。ドラマとして見ても面白い。

時を同じくして、新藤兼人の「原爆を撮る」という本を読んでるところだったので、見終わった後はいろいろ考えてしまいましたね。この本については、また別に感想を書いてみたいです。
by Qtaro-mama | 2010-10-12 06:41 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/14772908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dandanjunjun at 2010-10-12 10:36
「鬼畜」は最近またテレビで観ました。まだ少し前に観ていたのに・・・結局最後まで観ずにはいられませんでした。男の子の最後の顔が印象的です。
Commented by Qtaro-mama at 2010-10-13 05:13
>dandanjunjunさん
テレビでやってましたかぁ。私も途中では消せないかも。
東京タワーの所とか妙に切ないんですよねぇ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。