モンパルナス

市川崑 「太平洋ひとりぼっち」

f0035251_516333.jpg

先日、市川崑の「太平洋ひとりぼっち」「こころ」が2枚1組となってるDVDを図書館から借りてきました。

「太平洋ひとりぼっち」は、内容を全く知らずに見たのです。なんか、いつもの市川崑っぽくないし、主演の石原裕次郎は関西弁を喋ってるし・・・一体どういう作品なの?と我慢出来ずに、途中ストップしてネットで調べてしまいました。

「太平洋ひとりぼっち」というのは、1962年にヨットで太平洋を横断した堀江謙一さんの著書のタイトル、その映画化という事らしいです。

堀江謙一さんの名前、聞いたことあるようなないような・・・。

途中までは何となく眠かったけど、石原裕次郎の演技が妙に面白くて、後半はグイグイ引き込まれました。

もう1本の「こころ」は、夏目漱石の原作です。小説は未読ですが、映画で見ると結構辛い話しですね。

個人的には主演の森雅之がちょっとミスキャストに感じてしまったけど、今これを書いてる時点では、やっぱりああいう役は森雅之で良かったのかなぁという思いです。森雅之のお父さんって、小説家の有島武郎だそうです。ビックリしました。
by Qtaro-mama | 2010-07-18 05:50 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/14213073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。