モンパルナス

フランスの離乳食

始めてから2ヶ月が経過したので、たまには離乳食の話しでも。

f0035251_0442485.jpg

これは今朝(10時過ぎ)、O次郎が食べたもの。

今日作ったお粥と冷凍庫に保存してた人参とブロッコリー。レパートリーが少なくて、毎日同じようなメニューが続いてます。

主食はお粥かジャガイモのピューレ。それに野菜や果物を加えてます。最近やっと食パンを買ってきたので、パン粥もレパートリーに加わりました。

朝、O次郎がお昼寝をしてる最中に、ササッと準備を済ませてしまいます。Q太郎の時は、離乳食の本とか買った憶えがありますが、今回は二人目だからか何も見ずに適当に。もうちょっと食材が増やせれば良いですが、やはり日本のようにはいかないようです。

今食べてるのは朝10時と夜6時。量は気持ち良いくらいに食べてくれるし、今のところ嫌いなものもないかな。

夏、日本に行く前に3回食にして、ある程度リズムを付けてしまおうと考えてます。フランスではいつ位から3回食になるのか、先週、小児科医の先生に聞こうと思ってたのです。

そしたら、「鶏肉はあげても良いけど、他の肉や魚、卵は1歳まで待ちましょう」というお話し。

おさかな、全然ダメですかぁ。牛肉はすでにあげてしまいましたけどぉ・・・

フランスも小児科医によって考えは様々だと思いますが・・・魚が1歳までダメなんて、結構遅いんですねぇ。その話しを聞いたら、3回食がいつからかなんて聞けなくなりました。

もちろん小児科医の話しはアドバイスとして聞き、うちは日本式の離乳式を進めていくつもりです。
by Qtaro-mama | 2010-06-22 04:52 | O次郎 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/14002898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Pan at 2010-06-22 05:47 x
そうそう、お医者さんにもよって、違うこと言われるんですよね。日本とも、もちろん全然違うし。私は、基本的に日本式で、白身魚もあげてましたが、やはり最初はほんの少量あげて、様子見(便、肌や睡眠に変化がないかどうか)でした。うちの子は、どちらもアレルギー関係はないようでよかったのですが、やはり卵やミルクは気をつけますよね。
昆布だしとかで味に変化をつけると、同じ材料でも少し違うかも。とは言え、私も二人目は、かーなーり手抜きで、瓶詰め離乳食あげてました。Bioでしたけど、一人目の気の使いようとは、大違いで、1歳ころにはもう他の者が食べているものをほしがってたし。あ、あと焼き腑なんかもあげたかな。あとは、お豆腐ですね。でも、これも大豆だから、気をつけたほうがいいのかな。
Commented by Qtaro-mama at 2010-06-22 20:38
> Panさん
うちはQ太郎が卵でひどい事になったので、アレルギー系はかなり慎重にいく予定です。
Q太郎は1歳半まで日本にいたので、日本の便利な離乳食グッズ、食材、かなり活用させました。日本だと手作り離乳食を助長させるようなものがいくつかありますが、こちらだと初めから瓶詰め離乳食のみですよね。
うちはQ太郎の頃から既に瓶詰め離乳食大活躍でしたよ。日本はメニューも豊富で選ぶのも楽しかったです。お豆腐、近々あげてみようと思います。
Commented at 2010-06-23 18:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-06-24 05:27
>鍵コメさん
はじめまして。
月齢が近くて、いきなり親近感わいてしまいます。小児科医、同じことがありましたかぁ。お豆腐、近日中にうちも試してみますね。これからもよろしくお願いします。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。