モンパルナス

Q太郎のおやつ「こだわりのパウンドケーキ、スイカのグラニテ」

f0035251_17392439.jpg

パウンドケーキ、quatre-quarts、呼び名もいくつかありますね。作り方の手順もいろいろあって、奥が深いお菓子ですが、あまり上手に作れません。

それで最近、美味しそうなレシピの載ってる日本の雑誌を見つけたので、それを買って作ってみました。そういう雑誌をこちらで買うと、普通の料理本が3冊くらい買えるような値段になりますが、気になったら買わずにいられない・・・。

そう言う意味で、久しぶりのこだわりのおやつです。工程がやっぱり時間がかかりましたが、いつもよりは満足のいく出来。忘れないうちにもう一度作ってみたいです。

f0035251_17395385.jpg

これは一昨日の夜にQ太郎パパが作っておいてくれたスイカのグラニテ。

100%スイカだけですよ。

おやつで、Q太郎と一緒にこんな大きさのを3つずつ頂きました。
by Qtaro-mama | 2010-06-03 17:51 | Q太郎のおやつ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/13879509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by le-cadeau at 2010-06-03 22:48
上手に焼けてる☆例えば同じ「生地を混ぜる」という一文にしても、コツみたいなことまで書いてある本は少ないよね。いいレシピだったみたいだね。
スイカはそちらでは、どう食べるのが一般的?三角にカットしてかぶりつきはしないかな?実は私はスイカはちょっと苦手です(食べれるけど好んでは・・)でも2人が3つも食べたという、Qパパの魅惑のグラニテ、食べてみたいな〜
Commented by Kiki at 2010-06-04 01:20 x
パウンドケーキのようなシンプルなお菓子はかえって作るのが難しいですよね。私もこれが苦手なのですがお義父さんのパウンドケーキが絶品で、主人の実家に帰るときはこれが楽しみで。スイカのグラニテ美しい!私も挑戦してみます。パリでも和書は高そうですね。アメリカでは日本の価格の2倍弱といったところです。それでめったに買いませんが、村上春樹の新刊が出たときはしょうがなく買います。いつも値段を見て軽いめまいを覚えますが。
Commented by Qtaro-mama at 2010-06-04 16:06
>le-cadeauさん
2個の卵を4回に分けて入れるんだけど、1回につき5分も機械で泡立てるの。家庭用だったらここまでしなくても良いかなとは思ったけど、かなりこだわりのレシピでした。
Q太郎パパがまたこういうフルーツのカットが上手で、とても美味しそうに切ってくれるの。その時によって三角にしたり、横型に大きくしたり・・・。私も実はスイカがちょっと苦手。食べられるけど自分で買ってまでは・・・という感じ。でも妊娠中はむくみ防止でお世話になったよ。Q太郎パパのグラニテはスイカの美味しさが凝縮されてる感じです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-06-04 16:16
>Kikiさん
お義父さまの絶品パウンドケーキ見てみたいです!本当にこういうシンプルなお菓子こそ作るのが難しいですよね。
スイカはそちらでも安く手に入りそうですよね。水分がかなり多いので、解凍に時間がかかります。私は冷凍庫から出して1時間半ほど昼寝をし、その後に食べたくらいです。
パリにはジュンク堂とブックオフがあります。どちらもとても高いけど、こういった本屋さんはヨーロッパではパリにしかないそうで、直接手に取って選べるという点ではありがたいかなと思ってます。村上春樹、まだ私は読んでませんよぉ。いつも日本でまとめ買いするのを楽しみにしてます。多分、同じですよね?
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。