モンパルナス

マチュー・アマルリックは監督賞

私が応援していたマチュー・アマルリックは監督賞をとりました。

壇上のマチュー、とても喜んでてこちらまで嬉しくなった。その後に、次の賞のプレゼンターとしてエマニュエル・デュヴォスが出て来たのも絶妙でした。

その時点で、パルムドールはグザビエ・ヴォーヴォワがとるのだと思ってましたが・・・まさかのApichatpong WEERASETHAKUL(アピチャッポン・ウィーラセタクン)。

f0035251_4382177.jpg

タイ出身の監督です。

私は1作品しか見たことありませんが・・・そうですね、カンヌらしいかな。たしかに彼の作品も楽しみかもしれません。

全ての受賞結果はこちらに載ってます。
by Qtaro-mama | 2010-05-24 04:42 | 映画 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/13789888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saudade1982 at 2010-05-24 05:45
マチュー・アマルリック、壇上でのスピーチを聞いて彼がいかに映画監督という職業に情熱を傾けていたのかが伝わってきました。俳優としてもあれだけ成功しているわけだから彼の受賞は物凄いことですよね。人間、自分の好きなことで成功するとは限らないけれど、彼は30年越しの、いやもしかしたら40年近く持ち続けた夢が叶ったわけだから(受賞することだけが目的ではないけれど)夢はあきらめないもの勝ちと思いました。
Commented by Qtaro-mama at 2010-05-25 04:55
>saudade1982さん
はい、私も彼の受賞は凄いと思います。一般的な評価は分かりませんが、私は彼の「mange ta soup」という作品がけっこう好きなのです。賞をとってもとらなくても、彼の新作をずっと楽しみに待ってました。
公開されるのが楽しみですね。
Commented by ジョン太 at 2010-05-26 17:34 x
私は映画は好きですが、映画祭というのは全然詳しくないんです。
今回、私が好きな韓国の俳優さんが出演している作品がカンヌの
コンペ作品に出品されていたので、いつもより興味深く見ていました。
残念ながら彼の作品は受賞にはなりませんでしたが、
カンヌ映画祭という舞台で多くの映画人の方々と接する
機会があったことはとても大きな経験になると思います。
それで、質問ですがカンヌらしい作品とはどういう作品を
言うんでしょうか?
今回パルムドールの作品もカンヌらしいんですよね?
Commented by Qtaro-mama at 2010-05-26 22:20
>ジョン太さん
映画を見てると、ハリウッドらしい作品とそうでないものがある事にお気づきですか?いろいろな説明の仕方があるかもしれませんが、カンヌらしい作品は観客動員を狙った作り方はされてないような気がします。そういうわけでカンヌで賞をとったからといって、日本で必ずしも公開されるわけではないのです(観客が入らない作品は配給会社も買いません)。
好きな韓国の俳優さんは誰だったのかしら?今回、コンペに韓国作品は2本出ていますが、特にイ・チャンドンの「詩」がパルムドールをとったら、同じように「カンヌらしい」といった発言をしたかもしれません。この作品、とても楽しみです。
なんか良く分からない説明でごめんなさい!
Commented by ジョン太 at 2010-05-27 16:50 x
よく分かりました!色々ありがとうございますm(__)m。
ハリウッドらしいというのは確かにありますよね。
私は韓国のイ・ジョンジェと俳優さんが好きで、
イム・サンス監督の「下女」に出演しています。
主演は以前カンヌで女優賞をとったチョン・ドヨンさんです。
日本ではあまり知られていませんが、韓国では有名な俳優さんで、
代表作は(私が好きな)時空愛を描いた「イルマーレ」、
南北問題の「タイフーン」でしょうか。
「詩」は公開前からフランスでは買い付けがされていると
聞きました。私も見てみたいと思っています。
Commented by Qtaro-mama at 2010-05-28 04:29
>ジョン太さん
お気に入りの俳優さんが出てる作品って、なんか特別ですよね。イ・ジョンジェさん、初めて聞く名前だと思います。
「下女」は予告だけ見ましたが、ストーリーがいまいち読めませんでした。アジアの作品は大好きなので、これも機会があったら是非見てみたいな。
日本は韓国の作品がたくさん見れて羨ましいですよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。