モンパルナス

小津安二郎  「麦秋」

カンヌ映画祭の結果、明日出ます。

結局、マチュー・アマルリックの監督作「Tournee」、むちゃくちゃ評判が良いみたいですね。パルムドール、監督賞、女優賞(グループで)、十分に狙えるみたいです。

授賞式は多分、テレビで見るかな。嬉しい結果だったら、その瞬間、こちらでつぶやかせて下さい。


f0035251_18271981.jpg

昨日は小津安二郎の「麦秋」を見る。

小津作品って、1本1本は好きなのが多いけど、なぜかタイトルが覚えられないものが多い気がする。それが成瀬作品と違うところのような気もするけど・・・。

でも、この「麦秋」だけは今後忘れないかも。とっても良かったし、いろいろと考えさせられる題名でした。

友達家族(フランス人含む)が先頃、鎌倉にある小津のお墓参りに行ってきたといって、ちょっと羨ましく思ってたところ。この「麦秋」を見たら、いきなり鎌倉に物件を探したくなりましたよ。
by Qtaro-mama | 2010-05-22 18:31 | 映画 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/13776589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Sayaka at 2010-05-22 19:06 x
鎌倉の物件、私も気になります。「麦秋」の仏語タイトルはEté précoceだったので、昔映画館でびっくりしました。で、恥ずかしながら「麦秋」の意味を辞書で調べたら「初夏」ってあったので、納得。小津さんのおかげで勉強になりました。ちなみに、「秋日和」がFin d'Automne、「晩春」がPrintemps tardif、「早春」がPrintemps précoce。で、映画の内容も、いつも娘が結婚するとかしないとか、家族の話しだから、タイトルと内容が混ざって境界線が消えていきます。でももちろん大好きですが。鎌倉のお墓は、命日近くに行くときは「原節子さんに会っちゃったらどうしよう」と勝手にどきどきしてしまう(笑)
Commented by cassidy at 2010-05-22 21:52 x
この話題、のらずにはいられません。小津作品、私も大好きです。子供の頃近所に原節子さんが住んでいたという方のお話を聞いたことがあります。道で遊んでいると,お菓子を配りに出てこられる原さんは、ショートパンツ姿で、夢のように美しかったとか・・・。
鎌倉でお待ちしてますよ!!
Commented by Qtaro-mama at 2010-05-23 06:25
>Sayakaさん
私も同じです。「麦秋」、勉強になりました。英語で「early summer」というタイトルだというのを知って同じようなことを思ってたのです。麦と秋なので、てっきり秋のことだと・・・。
原節子さん、命日にお墓参りしてるかしら?命日にとまではいかなくても、時々は絶対してそう。私たちもお墓参り、実現させたいです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-05-23 06:28
>cassidyさん
小津作品、お好きですかぁ。良いですよね。この「麦秋」なんか、特別な思いで見られてしまうのではないでしょうか?
原節子さんの演技、なんか心の底からの優しさみたいなのが溢れていて、あれはもう演技ではなく彼女の身から出るものだと感じてます。
久しぶりに大仏様に会いに行きたくなりました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。